恋愛tanu.com婚活・恋活方法 > どうすれば結婚できるのか

どうすれば結婚できるのか

結婚願望があるのに結婚できない人の特徴は主に2つの人種に分けられる。 合コンや婚活パーティに行っているけれど、 自信過剰で分不相応の理想の条件、高望みのスペックの相手ばかり追い求めてしまうタイプ。 もうひとつは、運命的で自然な出会いをなんとなく待ち続けているタイプ。 焦りながら必死でガツガツ迫る人と、逆に少女漫画のような奇跡的な縁がいつか自分に訪れるだろうと夢見ている受身の人です。 早く結婚したいと思うのなら、上記のような行動をしていては恋愛がうまくいきません。 この二つのタイプは簡単な言葉に言い換えるとどちらも恋愛が理性的すぎるのではないかと思います。 「結婚する奴は馬鹿」「結婚は勢いがなければできない」などと言われるのは、 冷静に頭で考えると結婚後の責任やデメリットばかりが思いついてしまうからです。

どうすれば結婚できるのかというと、直感的、感情的に生きることが成功の秘訣です。 本能の声に従って生きている人の交際状況を見ると、 すぐ一目惚れしたり、友達の紹介が多かったり、出会いからデートまでの進展が早かったり、 相手の年収、容姿、身長、年齢など大して気にもせず電撃結婚したり、できちゃった婚ですぐ子供ができて、 案外幸せだったり後悔もあるかもしれませんが、すんなり結婚できるし人生はなんとかなっています。 この種の人達は縁とタイミング、流れに乗って順調に人生を進んでいきます。

男と女がペアを組んで生活するのは動物として自然なことで、 むしろ、独身未婚の男女が大勢いることの方が歪な状態です。 本能の欲求に従い、人間としてごく当たり前の行動原理に従えば自然に彼氏、彼女、恋人はできますし、 その延長として結婚することも自然な流れとなります。 社会的なルールや縛り、世間体などに惑わされず、自分が好きな通りに体を動かせば、 男女は必ず仲良くなるはずなんです。 「社会人で仕事が忙しいから出会いがない」「お金が足りないかもしれないから」「彼氏が無職、フリーターだから結婚は諦める」 こんなものは全部「愛」で解決できます。 拝金主義に毒されてはいけません。 人間はどんなに貧乏でも、本当の意味で寄り添える人がいれば、それだけで幸せになれます。 どんな大金を持ち贅沢な暮らしを送るよりも人生を共に歩める最愛のパートナーがいることの方がはるかに価値があると認識しましょう。

スポンサードリンク

結婚を具体化する心構え

・こだわりを捨てる

結婚市場は取引みたいであるとも言われギブアンドテイクで成り立っている部分があります。 男性は女性に「若さ、美しさ、スタイル」などを求め、女性は男性に「経済力、身長、学歴、家柄」などを求める。 そしてお互いの需要と供給、ニーズが一致した時に結婚できるという。 この考え方が正しい部分もありますが、人間は損得勘定だけで生きているわけではありません。 無職の彼氏を養っている彼女もいますし、精神的に不安定なメンヘラ女性を苦労しながら支え続けている男性などもいます。 むしろ、メリット、デメリットを完全に度外視した愛情で繋がっている関係の方が多いのが現実です。 婚活で失敗続きの人は思考に柔軟性がなく、融通が利かない頑固者だったり偏見を沢山持っていたりします。 少しでも価値観が合わないと「この人と結婚は考えられない」と不合格の判定を下してしまう。 「私は管理職で地位は高いから、将来を考えると相手にはそれ以上の収入を求める」なんてのは、 一見対等であるようですが、強欲なようにも思えます。 このように縁があった相手を振るい落とし続けているといつの間にか30代、40代、アラサー、アラフォーの世代になってしまい、 婚期を逃す結果になってしまいます。

結婚は夫婦や子供、家族で一生共同生活をする必要があります。 そこには何かしらストレスを我慢しなければならないことの連続でしょう。 相手の思想を受け入れられな人やどうでもいいことに強いこだわりがある人は、 結婚生活長続きしません。わがままで我が強く自分の価値観が絶対だと思い込んでいる完璧主義的な人は性格を改善する必要がありそうです。 全ての価値観が合致する相性の良い人なんて滅多にいないし、 夫婦でさえも相方に気が合わないと不満を漏らしている人は7割にものぼるというデータもあります。 少し感覚がズレているぐらいですぐ「合わないな」と嫌いになっていてはいつまで経っても結婚はできません。 人としての基本、優しさ、包容力、柔軟性、は恋愛でも結婚でも重要なものです。

・結婚相手は運命共同体という意識を持つ

結婚というとやはり「利用する」という便利屋扱いの意識が先行しやすいところがある。 最近流行の言葉では夫、旦那を「銀行のATM」だと思っている妻、嫁さんなどです。 確かに女性は金銭面で生活が安定していると心に余裕が生まれ子育てもしやすいし、ケンカも少ないと言われる。 逆に収入が不安定な家庭では口論が絶えないのだとか。 しかし、普通に考えてみればお金があろうが無かろうが生活できれば多少のことは我慢するものです。 結婚相手をただ単に利用できる都合のいい相手と思っていて忍耐力に欠けると、結婚後に後悔することになります。 一緒にいて居心地が良かったり、安らぎを感じたり、辛いことがあっても支えあって生きていくことができる。 そんな相手を求めるのが人間本来の姿ではないでしょうか。 億万長者でもあまり好きでもない人と一緒になり、心が通わない冷めた夫婦生活はきっとつまらないと思います。 人は異性を利用価値で計り始めたら恋愛感情はほぼ無くなります。 学生時代に相手の年収が高いか低いかなんて気にしたでしょうか。 結婚なんて、ただ純粋に二人で手を繋いで歩けるだけで、十分なんです。 条件なんて気にせず、決して裏切らない信頼できるパートナーを探すことが結婚への近道です。

・自分磨きと相手探しを同時進行する

特に女性の方は自分磨きと言って、英会話を勉強したり、料理教室通ったり、資格の勉強をしたり、 体型の維持に励んだりと一生懸命頑張っていたりする。 しかし、これらが直接結婚に繋がるかと言うとそんなことはほとんどない。 確かに習い事で出会いがあることもありますが、確率で言えば10人の男女がいて、 カップルが誕生するのは1組もいればいい方です。 つまり数字的には100個の習い事で1人の恋人ができるぐらいの感覚ではないでしょうか。 実は人間は優れていても劣っていても能力は関係なくて、お互いに両思いであれば、あばたもえくぼでどんな欠点や短所も 大して気にならなず魅力的に映ります。

もちろん、自分を成長させることは人間的な幅が広がり、出会いの数やきっかけが増えやすくなる。 しかし、それをしっかり生かさなければ宝の持ち腐れで役に立たないこともあります。 太っていても、デブ、ぽっちゃり、ブス、ブサイク、チビ、ハゲでも、 幸せそうな人は山ほどいます。 逆にイケメン、美人、可愛い、明るい、など一般的にモテると言われる特徴を持つ男女が、 プライベートでは実は孤独感で一杯で不幸を感じていたりします。 人間、どこかに必ず自分を受け入れてくれる人が存在するもので、 そのような稀有で貴重な存在を見つけ出し繋がることが人生で一番大切なことだと思います。

・手軽な婚活サイトを利用する

職場に同性しかいない、会社と家の往復で出会いがない、という人でも最近はスマホアプリで恋活、婚活ができる時代です。 結婚相談所やお見合いというとなんだか重くて敷居が高いイメージがあるし、実際入会金が必要だったr婚活サポーターがつくことが多いので案外手間が掛かり面倒くさい。 しかし、ネット恋愛やネット婚活なら、全て自分のアクションで相手探しから会うかどうかの決断まででき、 身分証明が必須だしいつでも退会できるのでトラブルになりそうなら縁を切ることもできるので安全で気が楽です。 婚活サイト一覧で紹介してあるサイトは 全て優良と言えるもので、中には女性が無料で使える婚活サービスもあるので、興味がある方は覗いてみてください。 どうしたら結婚できるかと悩んだり友達に相談してるよりも、早く行動してしまったほうが成果は出やすいものです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.