恋愛tanu.com結婚心理 > 押しに負けて付き合い結婚するべきか

押しに負けて付き合い結婚するべきか

女性であれば、人生で何度か熱心に口説かれたり 、強引気味にアプローチされたり告白をされた経験がると思います。 押しの強さに弱い心理、特徴を持つ女性なんかは ムードに流されて軽いノリでオーケーしてしまう実態もある。

大抵の人は強引に押されたら付き合うかどうか 迷い、反射的には断ってしまいがちですが、 もしかしたら本気、本命の気持ちで一生支えてくれて、一生懸命 面倒を見てくれる素敵な紳士かもしれないこともある。 既婚者であれば、さすがに難しいですが、 独身未婚でフリーの状態であれば、結婚が前提ではない 遊びの付き合いとして交際してみるのもアリなことかもしれません。

世の中には恋愛感情無し、同情や惰性で彼氏や彼女、恋人と付き合っていたり、 打算や妥協の気持ちで結婚して夫婦生活を続けている男女が大勢います。 というよりも現実的には、パートナーに不満があり 愛情が冷め切っているカップルや夫婦のペアの方が割合では 多いとされています。

恋愛感情の賞味期限は3年と言われており、付き合いたて、 新婚さん状態のピークからすれば、ほぼ必ず 相手への胸のときめきやドキドキ感は低下する。 「今が楽しければそれでいい」という刹那的、享楽的な思想のもと 、お試しで交際するのは良いですが、 結婚を考えるとなると、恋愛感情の有無だけでなく、 しっかり人間性や条件面をチェックしてから プロポーズに応じるかどうか決断したいものです。

結婚時は婚姻届は判子を押した紙を役所に提出すればそれで終わりですが、 いざ離婚をするとなると、子供の親権、養育費、財産分与、 バツイチという汚名、再婚に向けて活動しなければいけないコストなど 苦労や負担が大きい。 一度嫌だと思うと心理学の「単純接触の法則」が働き 、嫌悪感の感情は顔を合わせるたびに 膨らみ続け止まらなくなる。

そうなるともう 家族の絆を深める出来事や惚れ直すきっかけがなければ 別れ、破局まで一直線で後戻りできません。 結婚で将来的に後悔しないためにも、 あまりに「好みのタイプじゃないけど強引に押してくる男性」に 対して女性は、その性格や潜在能力を見極める目、 正しく優劣をジャッジできる判断基準を持ち合わせておきたい。

スポンサードリンク

押しに負けて付き合うか、結婚するか決める時のポイント

・強引さの中に優しさがあるか

人間関係は気遣いや真心で成り立っているといっても過言ではありません。 相手に対する思いやりや感謝の気持ちが無ければ結婚生活を 維持することは困難です。

短気で怒りっぽく、粘着質で愚痴をこぼす、 ありがとうや助かったなどのお礼を一切言わない傲慢で意固地、頑固な性格など 。釣った魚に餌を与えないタイプとは遊びの付き合いは良いですが、 結婚してしまうと苦労が絶えず、大変な生活に泣きを見ることになります。

逆にどんな欠点や短所があろうとも、 大黒柱として努力して妻や子供、家庭を一生懸命支えて守ろうとする意思 さえあれば、長続きする関係でいられます。

簡単に言ってしまえば、一緒にいて楽しい、自然と笑顔になれるような 男性が最も理想的です。二人きりの時に笑いが生まれることは どんなにお金があったり、顔や容姿、など条件やスペックが優れていることよりも価値があります。 一緒にいて退屈でつまらない人と結婚することは、 職業や地位、安定した生活を理想像として求めるケースでのみ通用する考え方です。



今の付き合っている彼氏、または男友達がどれだけ「自分に尽くしてくれるか」 は交際をするかどうか決めあぐねている時の重要な判断基準になります。 そんなブサイクで好みのタイプでなくても、 サービス精神があり、誕生日にはお祝いメールやプレゼントを贈ってくれたり、 悩み事や病気で気分が落ち込んでいる時に励ましてくれたり心配してくれるなど。 本当の意味での優しさ、下心を感じさせない自然な好意は 人格が優れていることを証明する行動や態度です。

このような親切心は無為にしてしまうのは非常に勿体無い。 生理的に無理だとか、どうしても好きになれないという場合は仕方ないですが、 一生大事にしてくれる候補の男性は拒絶せず、友達としてキープしておくという手段もアリです。 付き合うのは無理だとしても、将来使える人脈を広げるためにも 好意を持ってくれる上で「誠実で優しい」という特徴を持つ男性は粗末に扱わず仲良くしておくとお得でしょう。

・マイペースな自由人であるか

世の中には浮気癖が治らない不倫をしてしまう男性、離婚遺伝子とも言える本能を持っている 複数の彼女をキープする好色な男性がいる。 このような男性は縛ったり禁止すればするほど遊び人としての本領を発揮する。

かといって束縛すれば窮屈さに耐え切れずあっという間に逃げていってしまい 一箇所に留まらずどうしようもありません。 ノリが良くてユーモアセンスもあり一緒にいて楽しいけれど、 どこか軽薄で軟派、無責任そうなオーラを放っている男性は要注意です。

特に自称Sな男性や彼氏などは要注意です。 デートの時間に遅刻して集まってくる。 すぐバレる嘘をついたり言い訳が多い。 夜中にメールや電話が来て付き合わされるなど。 女性は男性に振り回されることで、「必要とされている、私が面倒見てあげなくちゃいけない」という母性本能が刺激されて ついついハマって惚れこんでしまう部分がある。

求められていることに喜びを感じる女性にとっては魅力的に映るかもしれませんが、 周囲の人間が客観的に見たら明らかなダメ男で将来が危ういという評価の場合が多い。 女癖が悪かったり複数の女性をナンパして同時進行で付き合ってる男性などの 性質を持っている時はいくら強引に押されても付き合ったり結婚するのは、 少し距離を置いて 、慎重に考え直してみた方が良いでしょう。

・体力に自信があるか

人間社会は将来的に何が起こるかわかりません。 もしかしたら現状の安定した環境が激変して 男としての頑健さ、丈夫さが生きる糧となる時代になるかもしれない。 例えば地震や津波で街が壊れてしまうかもしれない、 そんな時、雨水を浄化し飲料水にできるか、自力で食料を調達できるか、 また日常でも外敵や暴漢に襲われそうな時に身を守れるか。

そのような過酷な状況でも生き抜くサバイバル能力があることは安心感に繋がるし 将来的に必ず役に立ちます。 細くて弱々しい、臆病で決断力のない男性では、 いざという時に適切な行動を起こすことが困難です。 今の豊かな日本社会から、シビアな環境に変化しても適応できる能力、 瞬時に物事を決める決断力や機敏に活動できる行動力があることが理想的なのです。

馬のような力強さがあることは、それだけで立派な大黒柱としての役割を果たせる証明となります。 子供にも健康で丈夫な遺伝子を残せるし、いざリストラされて就職先がなくなっても 肉体労働をすればいくらでも食べていけます。

もしお金が紙切れの価値しかなくなったら、 アクドイことをしてお金を稼ぐ能力も必要になるかもしれない。 若い頃に運動部だったりスポーツ経験、武道の心得が多少でもある方が男としては 頼りがいがあります。 身体能力や肉体的な魅力も、彼氏や恋人、結婚相手を選ぶ時の条件として考慮すべきものの一つです。 夜の生活、体の相性という観点からも年齢を重ねても元気で現役、 長持ちするということもチェックポイントです。

・性格や価値観の一致

喜怒哀楽を共に分かち合い、共感できることは 恋人同士や夫婦の最大の喜びであり、 結婚する理由の重要な項目でもあります。 恋愛心理学では、人の相性は類似性相補性の関係であることが 望ましいとされています。 簡単に言えば似た者同士か、正反対の性格をしている対照的な男女ということです。

類似性の例では同じ野球観戦が趣味であり、さらに同じチームを応援しているファンとなれば、 デートで一緒に遊びに行くことができるし共通の話題で楽しめ話が尽きない。 また、相補性の例では、明るくてギャル系で能弁で口数が多い女性と、暗く無口でオタクっぽい 男性などはお互い変に噛み合い付き合い始めると非常に相性が非常に良い。 ライバルや敵対関係は、一歩間違えると仲間へと転じる可能性を秘めていることからも 、お互い人間性が食い違うことで恋愛対象として意識されやすくなる。

いきなり告白やプロポーズをされた場合は答えを保留して、 友達としてのコミュニケーションやデート時にどれだけフィーリングが合うかチェックしておきましょう。 結婚を考える時は食べ物の好き嫌い、テレビ番組の好き嫌い、ゴミの分別や部屋の片付け、 雑貨のデザインやセンスなど、些細な事で異なり不満が蓄積していきます。

仕事の職種、趣味、出身地、学校、雰囲気やオーラなどできるだけ似通っている事が好ましい。 性格の不一致、価値観の相違は離婚理由のランキングでは常に上位です。 まったく性質の異なった男性、彼氏、夫や旦那を好きになる努力をしても 、恋愛感情を持つことは難しい。

強引に押されて付き合うか、結婚するか判断する時は 何かしらの自分と相手の共通点を探してみよう。 その項目が多ければ多いほど付き合った後、結婚後も将来的にうまくいく可能性が高いでしょう。

・自分の求める外せない条件を持っていること

彼氏や恋人、結婚する相手の理想像を頭にイメージした時、 絶対に必要な条件、または生理的に無理な特徴などの共通点をリストアップすると 客観的視点で自分の望む考えが理解できる。

年収、職業、身長、顔や容姿などのルックス、貯金額、年齢差、ユーモアセンスなど。 特にお金については打算的と言われようとおも熟考しておきたい。 将来低収入、いわゆる年収200万円前後の男性と結婚することになると、 節約生活をするか共働きをするしかなく、専業主婦で子育てに専念、家を守るなんていうことは 言ってられなくなる。

しかし、例え交際を申し込んできた異性が10億円の資産を持っていたとしても、 顔が好みの対象外だったり、性的対象として考えられない場合は、 生活基盤を安定させるパートナーとしての満足感しか得られません。

自分が異性のどこで我慢したり妥協できるのか、そのポイントを 今一度考え直してみましょう。 お金があれば幸福なのか、お互いを気遣う深い絆やコミュニケーションの中に幸福を感じるのか 、人生のどの場面に喜びを感じるかは人によって千差万別です。 強引さに押され根負けして付き合ったはいいものの、いくら頑張っても どこも好きになれる魅力が無ければ、付き合いを続ける事が苦痛でしかなくなります。 現在彼氏がいると言う状況は、新しい出会いのチャンスを失うことにも繋がります。 もし「ダメ男」だとわかったらその時点で綺麗サッパリ忘れてすぐに別れてしまいましょう。 限定的だった視野が広がり、新しい素敵な異性が見えてきます。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.