恋愛tanu.com結婚心理 > 結婚に妥協したくない男女の心理

結婚に妥協したくない男女の心理

そもそもの恋愛観として、男性はほとんど結婚願望がなく ダラダラと今の彼女と都合のいい付き合いを続けたい遊びたいと考えていて、 女性は結婚願望が強く今の彼氏と真剣に結婚したいと思っていることが割合としては多い。 しかし、既婚者に尋ねると妥協して結婚して後悔したと答えるのは女性の方が多いという。

男性が結婚相手に求める条件は顔や容姿などのルックスと性格や価値観の一致、フィーリング が合うかなどの要素であり、他は条件が緩くあまり気にならない。 しかしこれに対して女性は年収、学歴、勤務先、身長、両親や親戚付き合いの有無、 体型やスタイル、など要望が細かく設定されている、 完全にこれらのスペックを持ち、合格ラインをクリアするのは困難です。

また、独身未婚女性は年齢を重ねるに連れて強欲になる面がある。 「今まで結婚しなかったんだから絶対に成功して勝ち組になってやる」 という思いから婚活で高望みや過大な要求をしがちになってくる。 これらの心理も相まって、妥協して付き合う、妥協して結婚したと実感、後悔しているのは 男性、夫や旦那よりも女性、妻、嫁、奥さん側なのです。

最近話題のドラマ、「最高の離婚」での名言が話題になり共感を呼んでいる。
結婚なんで打算、妥協、惰性、そんなもんです」というセリフ。 このようなマイナスの言葉に多くの夫婦、カップルが共感してしまうのだから、 現状でどれだけパートナーに不満を抱え悩み、結婚に後悔している男女が沢山いるか透けてきます。

既婚者の夫婦生活の体験談の生の声を聞くと、たとえ大恋愛の末 結婚までゴールインした彼氏彼女、恋人同士であっても、3年も経過すれば恋愛感情はいずれ冷めていき 空気のように何も感じない存在に変わっていくという。

また、険悪な仲の夫婦の場合は、一言も口を聞かず無視、無言状態、 寝室は別で家庭内別居状態、他に好きな人と浮気や不倫しているけど 、子供のために仮面夫婦をしているなど 悲惨な状況です。

妥協して好きでもないハズレのダメ人間を掴んでしまった結果、結局離婚してバツイチ子持ち、シングルマザーや母子家庭などに なって、極貧の節約生活をする羽目になりかねません。 人間関係はよっぽど相性が合致していなければ、どこかで我慢をする必要が出てきます。 将来的に泣きを見ないように、妥協点のポイントとして、無くても許せる条件、 絶対に必要な条件などの優先順位を決めて、結婚相手を選ぶ時、婚活で探す時にじっくりと 客観的、総合的に見極めてから決断しましょう。

スポンサードリンク

結婚相手に妥協したこと

・顔、容姿

自分の好みとは180度正反対で出会った初対面は第一印象で気持ち悪いと思ってしまった ような人と結婚している人もいます。 顔はまったく好みのタイプではなく、 むしろ容姿は平均よりも悪い方だけど、長い間デートや交際を続けているうちに情が湧いてきて、 一緒にいて落ち着く、楽しいという気持ちになるパターン。

交際を続けていくうちに愛着や依存心のようなものが芽生えてきて離れられなくなり、 そのまま30代のアラサー、結婚適齢期を迎えて、仕方なく妥協して結婚という道筋を辿る事が多いようです。

ブスは三日で慣れる、美人は三日で飽きるという名言もあるように、 人間の顔なんて1年も一緒にいれば、当たり前のようにそこに存在するものになり、 特別緊張して胸がドキドキしたり高揚するといった生理現象が失われてくる。

一生一緒に暮らすからこそ、見た目が理想的な人良いと思うかもしれませんが、 結婚した後にどうでもよくなった条件として、顔や容姿など見た目、外見的要素は 上位にランクインされている実態があります。 このデータを考えると結婚相手を選ぶ、見極める時は できるだけ中身、内面重視の方がうまくいきそうな気がします。

・年収、経済力

お金、財力の問題は直接生活に関わってくるだけに、結婚相手に求める 条件として非常に重視される問題です。 お金にゆとりがある生活は人間的にも精神的にも余裕が生まれ表情も穏やかになり、 切羽詰ったり必死になり人を貶めるようなことをしなくなりやすい。 まさに金持ち喧嘩せずの心境です。 また、お金は精神安定剤的な効果があり、 将来的に紙くずになるとしても、今現在500万円の貯金があれば、 それだけで心は安定します。

このような心理もあってか、夫の収入が少ない家庭では夫婦喧嘩が絶えない。 人によっては、人間性がまったく伴っていなくても 生活基盤さえ安定していれば良いという打算的な人もいます。 ただ、これは別に悪い考え方ではなく、拝金主義的なマネー、 物質的な豊かさにも喜びや感謝の心は芽生えるし幸福感も感じられる。 婚活で高収入男性に強いこだわりを見せている30代、アラサー女性を見ると、 他の全ての要素を犠牲にしても妥協しないで、玉の輿に乗り勝ち組になるんだという強い野心、執念を感じさせます。

貧乏で手取り給料の低い夫は、妻に苦労を掛けている意識からか料理、育児、掃除、選択など 家事全般を手伝ってくれ、家族サービスをするイクメンの夫になる確率が高いと言われています。 共働きの家庭の場合は夫婦が助け合うのが自然な成り行きです。 夫が高給取りの場合は、妻を家政婦扱いして、家の中では踏ん反り返って傲慢になるのが 普通です。医師やエリートほど亭主関白で浮気性なのも、お金を稼いでいる という事実が関係していることなのです。 リッチなこと=幸せなことでもありますが、 別にお金は必須アイテムというわけではなく、 夫婦が力を合わせて節約し、あくせくしながら家計をやりくりする中にも幸福な姿があります。 この点を妥協できるかどうかは、女性が自立してキャリアを積んでいるかどうか、 専業主婦ではなく共働きしても良いかという点が試されています。

・性格、価値観

一緒にいて楽しい、一緒にいて落ち着く、リラックスできる、という要素やお互いに同じ特徴や共通点がある場合に 感じやすいことです。 心理学の理論的に 相性が良いとされているのは「類似性」と「相補性」 の関係とされている。簡単にまとめたしまえば、似通っている、似た者同士と対極に位置するような凸凹コンビはうまくいきやすいということです。 食べ物の好き嫌いが同じ、笑いのツボが同じ、同じ景色を眺めて同じ感想が出てくる、金銭感覚の 水準が同じ、などは まさに価値観が一致していると言える。 また、相補性は歯車が噛み合うような対照的な性質の相性です。 一方が明るくお喋りで、もう一方が無口で受け身な夫婦は思った以上にうまくいきます。 昔で言えば、職人気質で頑固一徹、怒りっぽい父親と、良妻賢母で慎ましやかで優しい母親といったところです。

会話、スキンシップなどのコミュニケーションの相性の良し悪しが特に重要です。 男女関係は、体の相性、肌の相性が合うというだけで、ケンカをしても 体が磁石のように引かれあうのですぐ親密な関係になり仲直りできます。 今付き合っている彼氏や彼女に肌が吸い付くような心地よさを感じたら手放すのはもったいないでしょう。 また、会話のテンポが合うことも体の相性と同等の価値があります。 特に女性はお喋りこそが人生の生き甲斐であり、口を開く事が幸せであり同時にストレス発散効果もあるので、 会話の相性が合うと感じている場合も結婚相手に相応しいと言えます。

逆に言えばこれら二つの要素どちらも持ち合わせていない場合は、 黄信号であり、長続きしない可能性が高い。 結婚した後に成長して変わってくれるという淡い期待を持ちながらも 妥協して婚姻届を出してしまう男女もいますが、 大抵は結婚前と同じ幼い子供のままです。 プラス要素もマイナス要素もそこまで変化するものではなく、 豹変する場合は本心や本音を隠していたと考える方が自然です。 いつまでも仲睦まじく、夫婦円満になるためには欠かせない、妥協できない要素の一つではないでしょうか。 ただ、価値観がまったく同じ事は奇跡的な確率であり、ズレが生じるのが当たり前、 そう考えながらお互い別次元に住む人だと、ドライに考えるとで順風満帆にうまくいくこともあるそうです。

・親との同居問題

長男長女と結婚すると、親、兄弟姉妹との同居、祖父母との関係、将来的には両親の お世話や介護などをしなければならないことが頭をよぎります。 特に地方や田舎では、二世帯住宅の大家族で暮らしている事があり、 結婚して嫁ぐとなると、これから先ずっとパートナーの家族と一緒に暮らさなければならなくなる。 他人と長時間同じ屋根の下での生活をしていると、人によっては多大なストレスとなり 体調を崩したりノイローゼになることもある。 姑や舅からの嫌がらせ、説教、いびり、文句などもよくある事です。

意外と軽く見られがちで流されがちな条件ですが、 結婚した後に夫婦水入らず、二人だけの空間、愛の巣があるかどうかは 満足度を左右する大きな要素です。 一時的に短期間だけでも親元を離れるのも悪くないでしょう。 また、両親とのコミュニケーションの相性も重要な事です。 世の中普通の人は案外少なく、奇人変人、濃いキャラクターが沢山います。 もしそんな相性が合わない最悪な人物と同居することになったら、 毎日辛く、神経をすり減らして疲れ果ててしまうでしょう。 図太い社交的、外交的で活発な性格なら大丈夫ですが、 人見知りで内向的、内気な性格の場合は、妥協できないチェックポイントでもあるので 、結婚後の住む場所、環境要因については注意して調べておきましょう。

・年齢の差

世の大半の男女は大抵同年代の学生時代の同級生や知り合いと交際して そのまま高校、大学卒業と同時スピード婚してしまうという。 この時年齢差はプラスマイナス3程度。しかし、 社会人になるまで独身未婚状態の男女の場合、年上年下、先輩後輩の出会いの年齢層の幅が大きく広がるので 、何歳の人と恋に落ちるのかほとんどランダムで偶然任せとなってくる。 職場の上司と部下で、社内恋愛で盛り上がってしまい勢いで結婚して10歳差なんてことも珍しくありません。 しかし、歳の差婚は結婚した後に意外と後悔があるようです。

歳の差婚のデメリットは、感情の接点が無く合わない、同世代よりも10年後が心配などがある。 若い男女は将来的に成長が見込め、心も体も充実する伸びる余地がありますが、 40代、アラフォーぐらいの中年や熟年となると、社会的地位も安定せず、老いて弱っていく ことが多くなる。ちょっと前までダンディでかっこいい、イケメンのチョイワルオヤジな 風貌だったのに、あっという間にルックスがおじいちゃんみたいになってしまったなんてこともあります。 また、不況の昨今リストラや減給などの人員整理で現在の生活基盤が揺らいでくることもある。 そうなると、うまくいかないことから性格も荒れ気味になり、悲観的で口うるさい人間に 成り果ててしまうこともある。将来の老いゆくパートナーを頭に想像してみて、 納得いくようなら結婚を決断しましょう。

歳の差婚はリスクだけでなく利点、メリットもある、 年上男性、年上女性は知識や経験が豊富で話題に事欠かない、 頼れる、大人っぽくて甘えられる、サービス精神が旺盛で 日常生活での気遣いや思いやり、エスコートが上手、 という特徴の長所もある。 恋は盲目状態で、歳の差がいくら開いていようと結局一度走り出したらラブラブで止められないのが 人間関係です。一回り二回り歳が離れていても関係が持続している夫婦もいる。 ただ、若ければ若いほど、色々な面で長持ちすることは確かなので、 人によっては妥協できないスペックでもあります。 特に男性はネット婚活では20代女性を真っ先に検索条件に含める。 若い女の子が大好きで可愛がりたがるので、男性にとってはなかなか結婚相手に妥協できないことなのかもしれません。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.