恋愛tanu.com結婚心理 > 結婚して良かったこと、悪かったこと

結婚して良かったこと、悪かったこと

現代は非婚晩婚化が著しく進行している。 生涯結婚率が減少しているだけでなく、 20代〜30代ぐらいの結婚適齢期の年頃の男女であっても 、彼氏彼女、恋人がいない男女が大幅に増加傾向にあるという。

そんな中、さらに深刻な事態を表すかのようなアンケートの調査結果が出ている。 3万7610が回答したリサーチパネルのアンケートでは、 「結婚するメリットがあるかわからない」という答えに共感しますか?という 問いにYESと答えたのが全体の33.5%となっている。 さらに年齢別では20代30代は約4割が結婚にメリットを感じないという。

テレビやバラエティ番組などのメディアで、 結婚に対して良くないイメージを拡散しているのがいけない面もある。 「年収は400万円以上」「慎重175cm以上」「イケメンで優しい人」「20代前半でスタイルがいい可愛い子」 など、男女共に高望みで強欲な様子をテレビで放映されると、 異性に対する魅力や「守ってあげたい」「尽くしてあげたい」奉仕精神が削がれてしまうきっかけになる。

独身未婚で尚且つ恋人なしのフリー状態で、 さらに結婚に肯定的にもなれない現状、一体日本人はどうなってしまうのか。 今後、少子高齢化はもう止められないと思われる。



結婚は勢い」だとよく言われる。 動物の本能的な営みで男女がペアを作って一緒になるのだから、 理性的に理屈でどうこう語れるものではない。 むしろ、頭で考えれば考えるほど都合の悪い事ばかり浮かんできて、結婚願望が なくなっていってしまうことが良くある。

男性の場合は「俺が一生妻と子供の面倒を見ていけるのか」「お金を稼がなければならない」 という責任感から来るプレッシャー。女性の場合は「他にもっと条件のいい男がいるかもしれない」 「本当に今の彼氏と結婚していいのだろうか」といった結婚生活を任せられる男かどうかの見極めようとする 打算や妥協などの心理が芽生え始める。 将来不安や疑心暗鬼のようなものが頭によぎり始める。

結婚前にマイナス思考に陥る、いわゆるマリッジブルーの心理状態では より強く人間を不安にさせる。 人間一度何かを考え始めると、その方向に強くベクトルが偏ってしまう。 例えば、ノストラダムスの予言で「隕石が降って来て地球が滅びる」 と言われると、なんとなく不安に駆られる。中には本気で信じてしまい精神的にも身体的にも体調不良になる人も出てくる。 男女の好き嫌いや結婚に対する気持ちでも同様です。

人間は物事を考え始めると、プラスかマイナスどちらかに偏りやすいのです。 長時間悩めば悩むほど何事も白黒つけたり正解か誤りか区別してしまう。 だから、結婚は悪い方向に考えが及んで悲観的思考になる前に、 肯定的な気持ちのまま勢いで結婚してしまうか、あるいは授かり婚、できちゃった婚で 結婚してしまった方がうまくいきやすいというわけです。

世の夫婦の大半は、何も考えず「好きだから」という理由で結婚していることでしょう。 ただ、恋愛感情は3年でほとんど冷めるため、 一生ラブラブ状態で長続きできるケースは稀だと思っておきましょう。



結婚するかどうかで悩んでいたり迷っている人は、損得勘定なしの お試し感覚で婚姻届に判子を押して入籍してしまうのも悪くはないでしょう。 現代は離婚率も増加傾向にあるので、昔よりも「傷物」に対する評価も悪くなくっているし 、バツイチ子持ちでも再婚できる婚活サービスなどの環境も整っている。

「あまり好きではない」という理由で結婚を決意できないでいると、婚期を逃し後悔してしまうかもしれない。 むしろ、大抵の人は未来の自分達の姿や経済状況なんて対して想像せずに、 その日暮らしや自然の成り行きで結婚に至っている。 自分の遺伝子を子供に宿し、後世に残してくのは生物的な本能が最も満足することです。

また、仕事から帰って来た時、愛する人や子供がいることは どんな喜びにも変えがたい暖かいものになると思います。 正直に言ってしまうと、結婚すると時間が大幅に制限され不自由になったり自由が利かないので悪い点の方が多い。 しかし、その代償を消し去ってしまうぐらい、家族を持てることが人間を幸福にしていくと思います。

スポンサードリンク

結婚するメリット、デメリット

結婚を考える際、メリットやデメリットで計るのはナンセンスと言えます。 結婚で満たされるものは自分の遺伝子を後世に残したいという人間の本能的な欲求であり、 結婚を迷っている時に考えるのは理屈や数字による悩みである事が多いからです。

生物として皆婚約関係にあるのが人間本来の姿であり、 結婚していないことの方がいびつとも言えます。 とはいえ、とりあえずは既婚者の体験談による結婚して良かったこと、悪かったことの 声をチェックして独身と既婚、どちらが有意義と言えるのか比較してみましょう。



・結婚する利点、メリット

・大好きな人とずっと一緒に暮らせて愛情を感じられる
・子供や家庭を持てる喜び
・専業主婦として安定的な生活を送れる
・病気を患った時に傍で看病してくれる相方がいる安心感
・配偶者控除、扶養控除、子供(児童)手当て等、税金面での優遇
・同居することでの生活費の負担が軽減
・共働き夫婦の場合、貯金がどんどん増えていく
・40代以上になった時に孫や家庭があり孤独感が和らぐ
・体が衰えた老後にお世話してくれるパートナーや息子、娘、孫の存在
・所帯持ちに対する社会的な信頼性


結婚して得られる幸せで最も大きな部分は、やはり父親、母親として 子供を育てられる喜びでしょう。 我が子がご飯を食べたいというのならモチベーションも上がり、頑張って仕事もできるし、 子供が成長していく姿を見て楽しくて仕方ないことでしょう。 さらに、子供ができると将来的に両親に対して金銭的援助や介護をしてくれる可能性も高まる。 学術的に言えば、子供に対して投資したコスト(労力、時間、お金)がリターンとなって返ってくる。 子供を産めばその分だけ自分の世話をしてくれる仲間が増えて、生きるための保険になっている。

女性はというと、子育てを理由にして専業主婦として家に隠居状態になることができる。 もちろん子供が自分で行動できない初めの3年前後は付きっ切りで おしめ交換したりミルクをあげたり、抱っこしてあやしたりなどしなければならず、 普通に働くよりもよっぽど疲れる作業を強いられる。

しかし、一通り集中して子育てをすれば、後は晴れて自由の身となることができる。 結婚は経済的には男性よりも女性にメリットが多く、 夫、旦那から資金援助を受けられるというのがその最たるものです。

まとめると結婚するメリットは、家族お金 の3点といったところでしょうか。 結婚すると妻を養っていくために男性は働かなければなりませんが、 税額控除や共働き、アルバイトやパートでの家計のやりくり補助など、夫婦で家賃負担や食費を払うことの 共同生活により 生活費が減るケースがあります。

妻の健康保険や所得税などの控除(所得103万円まで)の制度もあり税金がお得になります。 そして、やはり自分だけのコミュニティを形成できることが最も優れている点でしょう。 友達がいなくても夫、旦那、妻、奥さんがいるし、 子供がいる家庭なら子供と旅行に出かけたり遊んだり会話しているだけで 楽しい。独り身の寂しさや話し相手がいないということがない。 人間的なコミュニケーションができることから、 人生にも張りが出てきます。 そして何より愛を誓い合った人の傍でずっと佇んでいられる。なんともロマンチックで甘い響きです。 意外にも結婚は良いことずくめな気がしてしまうのは気のせいでしょうか。




・結婚する欠点、デメリット

・お金や時間を自由に使えない束縛感が生まれる
・性格や価値観の相違でイライラすることが多い
・異性との交友関係が監視される
・プライバシーやプライベートな空間がない
・親戚やご近所づきあいが煩わしい
・妻、奥さんにお小遣いを管理されると辛い
・自分の夢を追いかける挑戦的な生き方ができず保守的になる
・一家の大黒柱として会社に通い続けなければならない
・家事や育児に拘束されて友達と連絡したり遊ぶ暇がなくなる
・夫婦仲が冷めると、仮面夫婦として苦痛な生活を継続しなければならない


結婚するデメリットで最も大きなものは、行動が制限されることでしょう。 独身時代に比べると圧倒的に自由の範囲が狭まる。 例えば部屋のインテリアのセンスは、自分の好き嫌いだけでなく、 夫婦共に相手に気を遣いながら選ばなくてはならない。

また、他にも夫婦での暗黙のルールの違いによりストレスやすれ違いが生じることがよくある。 おかずの味付け、洗濯物の干し方、寝る時間、異性に対する浮気や不倫疑惑、テレビゲームに対する見方などなど。 日常的に鬱憤が溜まっていると、些細な事がきっかけで喧嘩に発展してしまう。 一度相手に対する不満が爆発すると、険悪なムードになり、家庭内別居状態になったり 殺伐とした無言の状況で一緒に生活する羽目になることもある。

子供と自分の生活のために、触れるのも気持ち悪いと感じる嫌いな旦那との暮らしを 我慢する奥さんという構図もよくあるケースです。 お互いの性格や価値観の不一致で離婚や破局に至ることも 、結婚に対するリスクです。 夫婦といえども赤の他人であり、本音や本心、心理を完全に読めるわけではありません。 結婚には忍耐や我慢が必要、逆に独身であれば、何も耐える必要がなく自由に羽を伸ばせるのです。




結婚して良かった事、悪かった事、様々な点があります。 もしも子供嫌いだったり、複数の異性と交際したいなら、結婚は不自由かもしれない。 、快楽主義、享楽的に唯我独尊に遊び歩きながら生きているのも面白いですが、 誰かのため、可愛い我が子のために働いてお金を得ていたほうがきっとやりがいや生き甲斐を感じると思います。

結婚は人生の墓場なんてネガティブに捉えられがちですが、 案ずるより産むが易しで、一歩踏み出してしまえば後は思った以上になんとなるものでしょう。 「年収は400万円以上ないと結婚生活ができない」「本気で好きになれない人だから結婚を先延ばししたい」 なんて思っていて結婚に踏み出せない、あるいは婚活をしようともしない男女が非常に沢山います。 現代は皆結婚社会ではなく、生涯独身貴族のまま暮らす人も増えています。 仕事一筋で生きていくのも悪くありません。 しかし、それだけではきっと人間としての幸せを味わえないままかもしれない。

結婚したからといって必ずうまくいくわけではなく失敗することもありますが、 結婚しなければ手に入らない成功や人生の喜びは存在しています。 デメリットや悪い点、欠点を並べたり、何かと屁理屈をこねて異性を否定して結婚を拒否するのではなく、 素直な気持ちで結婚しようと思うのが普通の考え方だと思います。

独身で恋人がいない人は早くに婚活を始め、現在彼氏や彼女がいる人は今すぐにでも結婚してしまった方が良いと思います。 結婚も離婚も年齢が若いうちの方が人生のやり直しが効くし良い経験になる。復縁して再婚する可能性もあります。 結婚は決して高嶺の花で難易度が高いものではなく、 顔や容姿がブサイクでも、低収入、チビ、ハゲ、デブ、ガリ、ニート、アルバイトやフリーター、 非正規雇用でも、派遣社員でも誰でもできるものです。 婚約、入籍を迷っている人はいますぐしてしまおう。 私の最終的な結論として、結婚で得られるメリットは根本的な本能の心理が満たされる非常に大きなものだと思います。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.