恋愛tanu.com結婚心理 > 恋愛観、結婚観の心理、男女の違いとは

恋愛観、結婚観の心理、男女の違いとは

男脳と女脳はには食い違いやズレが沢山あり、 相手のことがおかしいと思ったり、相性が合わないと感じることがよくある。 恋愛感情の育ち方や結婚願望の有無などの心理は個性によって十人十色で大きな差があり、 なかなか平均的な意見は言えないのですが、 全体的な割合の傾向から男女の恋愛、結婚観はある程度把握されています。

男女お互いに異性の気持ちを理解する事は、友好関係を長続きさせるために 必要なものです。 基本的にどのようなこと考え、望んでいるのかが わかれば「仕方ないな」と相手を許容できる部分も出てくると思うので、 男と女の心理の特徴や偏りのようなものを少し勉強しておくだけで、 包容力や優しさ、モテ度に違いが生まれてくるでしょう。 逆に本能の性質について何も知らないと「何を考えているのかわからない」 という不満が溜まって別れに繋がる事もある。

スポンサードリンク

恋愛に対する意識の男女差

日本と外国の違いとして、 アメリカ人はオープンで、デートは恋人とするためのものではなく、 好きな人であっても告白して契約関係を築くようなことは稀だという。 異性と交際したり深い仲になるのも本人次第であり、 デートはお試し期間の遊び、自由でオープンな行為という感覚があります。

女性から男性への誘いやボディタッチの頻度も多く、非常に積極的です。 自由の国だけあって、恋愛関係についての思想もフリーの状態が重んじられているようです。

それに対して日本人は、「付き合ってください」という形式的な愛の告白が重要視されている面がある。 独身であっても、複数の異性と交際するのは不純だったり貞操観念が希薄だと評価される。 日本人は恋愛を神聖で綺麗なものだと思う乙女チックな一面があるのかもしれない。 最近の日本は草食化が著しいと言われている。

せっかくグローバル化しているのだから、 もう少し世界的な感覚で男女交際を楽しんでも良いとも感じる。 しかし、日本人特有の恥じらいや奥ゆかしさが人間的魅力を高めているのも否定できない。

男女共に恋愛感情の賞味期限は3年と言われており、胸の高揚やドキドキ感、 好奇心や興奮を司る恋愛ホルモンの物質は3年前後を目処に減少する。 そして3年を過ぎた辺りから、安らぎや安心感を感じるホルモンに移り変わっていき 恋人が空気のような存在になってくる。

詳しくは恋愛の賞味期限は3年にまとめてあります。 つまり、人間の恋愛感情そのもは大よそ3年で終わるように本能にプログラムされている。 その期間を超えてもなおラブラブ状態を保てるかどうかは、 お互いの価値観の一致や体や性格の相性、そして相手が望むものを提供できるかどうかが関係してくる。 世の中の関係はギブアンドテイク、男女共に相手が求めるものを 与えることができれば、長続きするカップル、いつまでも仲睦まじい夫婦になれるというわけです。

・男性は電子レンジ型

男性の恋愛感情は一瞬でピークレベルまで盛り上がるのが特徴的です。 主に視覚情報で目の前の女性の好き嫌い(アリかナシか)を瞬時に判断して もしストライクゾーンの範囲内であれば、その日のうちに一晩ベッドで 一緒に過ごしたいと思う。

男性は、女性と寝るためには、どんなキザなセリフや褒め言葉も吐けるし嘘をつくことだってある。 初対面や付き合って日が浅い女性とホテルに入る時、 男性は必死で女性を誘い出そうと頭がフル回転している。 恋愛感情が一気に沸点まで盛り上がっているのです。 だから、一度女性と寝た後は急激に熱が冷めて眠くなったりやる気がなくなってくる。 いわゆる賢者モードのような状態になる。

大人の関係になる前はメールや電話を連続で送ってきたり、積極的に頑張ってアピールし ていたのに、深い仲になったり付き合い始めた途端、傲慢になったりそっけない冷たい態度に 変わったりする。 男性の恋心は出会った瞬間、可愛い子や美人な女性、スタイルが抜群で綺麗な人などを 見たときに最もときめく。 だから、彼女は彼氏の興味を引くために、コスプレをしたり、髪型や服装、化粧を変えたりと 、まるで別人になるかのように新鮮味を保つことを忘れない。

男性の好意の気持ちは質によって増える心理の法則がある。 友達のようにフレンドリーな関係の女性に毎日挨拶をされたり、お喋りをするよりも、 たった一回愛の告白をされたり、体の繋がりを持ったほうが好きな気持ちが高まる。 わかりやすいアイコンタクトを送ったり、 メールのやりとりを100回繰り返すよりも、 たった一回見知らぬ女性から「好きです」 と告げられた方が嬉しいと感じてしまう特徴があるのです。

男性の本心や本音は一度寝てみないとわからないと言われるのはこのためです。 男性にとって、女性と大人の関係になる直前は最も重要視される本番であり、 それ以降は惰性と考えることもできます。 男性にとって最も好都合なのは、自分の遺伝子情報を女性に渡し、 世話をせずとも勝手に子育てをして貰えるのが子孫を残すという生存本能を満たすのに理にかなっています。 本能としては「一度ヤった女は用済み」で別の女性にアタックしたいと考えている。 だから、遊びの彼女や都合のいい女を複数作りたがる。

逆に一度一線を越えた後でも継続的に一緒に暮らしたい、また会いたいと誠実に思ってくれていたら それは下心や体目的以上の好意がある証拠になります。

男性の異性に対するストライクゾーンは非常に広く、 とある心理学の実験では、 女性の顔写真をランダムに10人見せると、7、8人は許容範囲内だと答えるという。 男性は加点方式で女性を評価するため、少しでも自分好きなタイプの要素や 共通点があれば、 恋愛対象としてアリになる。

顔や容姿、体型などの見た目や外見的特徴が大事だと言われていますが、 それ以上に男性の審査基準は緩いということは頭に入れておきましょう。 女性がほんのちょっと肉食系になりアグレッシブに男性を口説いたり 接近すれば、簡単に落とせるというわけです。 人気でモテる男をターゲットにせず、 最近流行りの理系草食系男子なら、あっという間に受け入れてくれることでしょう。

・女性はオーブン型

女性は初対面の異性に対しては一目惚れでもしない限り 大抵は興味関心もあまりなくなんとも思っていない。 女性の恋愛感情はじっくりと時間をかけて育っていく特徴がある。 そして付き合いが長期的になるにつれて、最終的には男性以上に恋の炎が盛り上がるケースが多い。

出会ったばかりの頃は、男性からのデートの誘いに 、面倒くさいけど仕方なく付き合っている面もあったのに、 親密な関係になってくると女性の方から誘って欲しいと思い始める。 また、女性は男性と一度寝ると、その男性に対して情が湧き、極端に惚れこんでしまいやすい。 これには様々な本能の心理が関係している。

体の構造的に説明すると、女性は子宮の入り口付近を刺激されると 、その男性のことを好きになってしまうという話がある。 女性は男性の遺伝子を身篭った後も、 食料や外敵からの保護が必要であり、 出産して子供ができた後も、夫から子供や自分に援助をされなければ 生活が非常に苦しくなる。

だから、体を許した相手には捨てられたくないという 感情が芽生えやすいという。 腰が軽い女はガードが固い重い女よりもモテるけれど、簡単に体を捧げてしまうと、 「都合のいい女」として振り回されることになってしまうデメリットもある。

女性の好意の気持ちは量や数のアプローチによって増えやすい。 例えば、たった一度愛の告白をされても「好き」という100メモリあるメーターは5ぐらいしか溜まらない。 目が合ったり、挨拶をされたりメールや電話でコミュニケーションを取ると、 一回につき1メモリ好意が増加するという具合です。 マメな男がモテるというのはこのような心理の特性があるからです。

女性に好かれたり、落としたいと思ったら、 定期的なコミュニケーションを継続的に行なっていく必要があります。 女性にとって元もロマンスを感じて魅力的だと思うのは、 下心を感じさせない日常的な関わり合いです。 洋服店やブランドショップをふらふらして特に何も買わないウィンドウショッピングデートをした時、 男性は付き合ってあげている感があり退屈しますが、女性は非常に満足します。

何気ない関わり合いやお喋りに幸福を感じる女性ならではの心境です。 女性の気を引きたい、振り向かせたいのであれば、男性はいきなりデートに誘ったりするのではなく、 他愛無い雑談や悩み事相談など、質問を振り聞き上手に徹するのが成功のコツです。 このような親しみ感じる関わり合いは女性が最も喜ぶプレゼントとなります。

異性に対するストライクゾーンは、女性は10人の男性の顔写真を見ると、 1人か、あるいは全員が恋愛対象外と答えるという。 女性は減点方式なので、 最低の合格ラインさえ超えていれば後はあまり気にならない。 つまり、顔や容姿、見た目がイケメンかどうかというのはあまり重要視されていない。

それよりも大事なのは自分に興味を持ってくれたり、本気、本命の気持ちで好きになってくれるかどうか、 自分を大切に思ってくれるかです。 もちろん、遺伝子的な相性や、身体的特徴、身長が高い、筋肉の隆起、引き締まった体なども しっかり観察されている。 自分の遺伝子から遠い祖先に当たる免疫情報を嗅覚から読み取り、 自分に適している場合好きになりやすいという。

しかし、このような能力を度外視しても、大事にしてくれて愛してくれるかの方が 重要なのです。 つまり、女性が男性を好きになるきっかけは、熱意あるアプローチや好意的に話しかけてくれる ことです。

男性は外見のハードルが低い、女性はそもそもルックスをあまり気にしていないという傾向がある。 「男は最初になりたがる、女は最後になりたがる」という有名な言葉がある。 男性は純白の女性を自分の手に入れ支配すること、女性は愛され、尽くすことで幸せを感じる生き物というわけです。 女性はあまり自分から好きにならない分、 一度付き合い始めると一途に想い続けるのが特徴的です。

結婚に対する意識の男女差

結婚に対する意識の共通点として、 20代前半や中高、大学生など学生時代の若い頃は、 比較的自由恋愛でフリーの状況、今を楽しみたいという享楽的な心理が 大勢を占めているのに対して、 年齢が30代、40代、アラサーアラフォーにもなると、結婚への焦りや危機感から、 今まで慎重だった人達にも結婚願望が芽生えやすくなるタイミングだと言われている。

ネット婚活サイトや結婚相談所に登録する年齢層としても 30歳前後が最も多い。 生存本能や子孫繁栄の本能が強く働き、異性のパートナーを求める心理が作用するのかもしれません。 だから、男性の結婚適齢期は働き盛りで仕事も収入も安定し、 肉体的にも熟成し、尚且つ結婚願望が出始める30代という調査結果が出ているのかもしれません。 女性は子供の元となる排卵の数が若い程多いので、 20代前後が最も子供を妊娠、出産するのに適している。

男性も本能的にそのような年齢層の年下女性を狙いたがるという気持ちがある。 逆に女性は、若い男性よりも中高年ぐらいの年上のおじさんの方が 人間的にも深みや温かみを感じたり、大人っぽい安心感を感じるという。 男性は経験が乏しい初心な女性を好み、女性は人生経験が沢山あり、知識やユーモア、 テクニック、女の扱いが上手で紳士的な男性を結婚相手として好む傾向がある。

・男は結婚から逃げたがる

恋愛の悩み相談によくあるのは「彼氏が結婚を決意してくれない」「結婚話をすると不機嫌になって怒る」 という内容です。逆に「彼女が求婚やプロポーズに応じてくれない」 という話はあまり耳にしない。 この事実が表しているのは、男性は結婚に及び腰であり、 なかなか特定の彼女と一生一緒に暮らそうとは宣言しない、結婚したがらないということです。

男性は一度結婚すると、独身時代のように自分の自由な時間やお金が無くなり 、さらには複数の恋人と付き合うことも日本では法律違反となってしまう。 一家の大黒柱として家族、妻や子供を食べさせるために毎日朝から晩まで汗水流して働いて、お金を稼がなければいけない。 このような将来に対する不安や責任感は心理的なプレッシャーは大きなストレスであり、 乗り越えるのは非常に難しい。

だから、「結婚と恋愛は別」と堂々と言ってのけたりする。 極端に言ってしまえば男にとって結婚とは一生企業戦士として働く契約に等しいのです。 自分の夢を追いかけたいだとか、バイトやフリーターで気ままに暮らしたいとうい 刹那的な生き方はできなくなる。

若い頃は派手で刺激的、わがままな女性でも付き合っていたけれど、 結婚を考えると質素倹約で素朴な女性を選びたがるパターンは多い。 同棲していた彼女と別れた途端に違う彼女と結婚する人も数多くいます。

今真面目にお父さんをしている人の大半は、毎日働きアリとして会社に通勤し続けて 子供や奥さんのために上司や客先でペコペコしながらあくせく働いている。 食費や生活費を稼ぐためには当たり前のことですが、独身で自由を謳歌したい人にとっては大変な重労働です。 不況の煽り、経済格差の広がりで年収が手取り300万円以下が平均のラインとなりつつあります。

もし結婚をして子供を作るとなったら、貯金もままならず 毎日その日暮らしで日銭を稼ぐような状況にもなりかねない。 実際年収が高水準の男性は婚約率も高いという調査データがあります。 しかし、それは極一部の人の話。多くの男女は節約や家計のやりくりで頑張っている。

このような結婚に乗り気でない男性を応援したりサポートするのは女性の役目です。 逆に男性は本気で手放したくないと思えるような女性と出会うと、 結婚したいと望み、一生懸命全身全霊で尽くして援助してくれるようになります。

女性は男性に大切にされ、魅了されるような魅力を持たなければいけません。 癒し系、天然系女子がモテると言われるのは、一緒にいてリラックスできるし、 尚且つ「守ってあげたい」「この人のためなら全財産を捧げても後悔はない」 と思わせるからです。

男性には「保護欲求」「支配欲求」 があるため、扱いやすくて後を付いてきてくれる天然系の女性が大好きです。 ポジティブな楽観的思考で無欲な女性は、男性から見れば理想的な条件を持つパートナーです。 「お金が欲しい」と望まずに、ただ傍に居てくれると「自分を許容してくれている」 という安心感や信頼感、優しさや包容力を感じさせます。

これは恋愛心理学的には「承認欲求」に当たるもので、人から認められたいという高次元の願望を 満たしている状態と言えます。 常に社会から「役立たず、もっと真面目にやれ、使えない奴だ」 なんて叱咤激励を受けているのが男性です。 しかし、プライドが高いので、本来はもっと周囲から認められたいと無意識に望んでいます。

そのような罵詈雑言の中、自分の全てを受け入れて認めてくれる女性がいたら、 男性としてはこれ以上ない喜びであり、それだけで生きる気力、 仕事を続けるモチベーションになります。 無条件で自分を信頼してくれる彼女がいたら、 その情熱のお返しとして、一生守ると誓ってくれるかもしれません。 基本的には結婚したくないと考えてる男性や彼氏をその気にさせるためには、 女性が外見や内面を改善、女磨きをし、男性にとって必要だと思わせる努力が欠かせないのです。

・女は積極的に結婚したがる

女性は基本的に年齢が上がるに連れて結婚願望が増し、 さらに結婚相手に対する条件や希望のハードルも高まる傾向がある。 「専業主婦願望」「寿退社願望」に見て取れるように、 女性は一度結婚すれば、家事や子育ては大変ですが、 夫、旦那の収入を頼りにして ある程度はゆったりとした隠居生活をすることが可能です。

昔の女性は、生きていくために我慢や妥協して お見合いや仲人の紹介で配偶者と結ばれていたといいます。 実際日本ではこのシステムは思った以上にうまく機能していました。 しかし、女性が社会的に自立し男性をより取り見取り品定めできるようになって 、状況は変わってきています。

現在は昔に比べてエリートの一部上場企業に勤める高収入、安定感のある公務員など の職業を狙い、経済力やお金の面で優れている人とより結婚したいと望む女性が大幅に増加している。 年齢的には、10代後半や20代前半ぐらいの女性は、 結婚相手に求める条件が比較的緩く、人間性や性格、優しさや包容力など、 一緒にいる時の安心感や楽しさを重視する。

しかし、30代前後、アラサーやアラフォーになると、 目が肥えてきて「元カレよりもハイスペックな人を選びたい」 「これまで幸せになれなかったんだからいい男を掴まえて大逆転したい」 という欲望や打算的な感情が湧いてくる。

婚活で失敗続きの女性は大抵高望みであり、年収400万円、慎重170cm以上を求めていたりする。 実際に結婚適齢期で上記のスペックを持つ男性は、不況や所得格差がある現在ではほんの10%程度しかいない。 婚活で成功する秘訣は、理想の水準を若干引き下げる、 これだけで結婚確率は非常に高まる。

女性は一度カップルとして付き合い続けると、自然と結婚まで一直線に考える心理の性質を持っている。 男性は「今が楽しければいいや」と考える人が多い。 彼氏側がいつまでも優しく尽くしてくれて笑わせてくれるなら、 そのまま結婚までいっても良いと考える。

女性は一度好きになるとトコトン惚れ込み、彼氏依存症になるパターンが多い。 周囲の友達に彼氏自慢やノロケばかり披露している女性は沢山いる。 男性からすると、このようにベタベタされることで窮屈さや束縛を感じて 、彼女から逃げたくなることがあるようです。

男性に追わせる恋愛をするためには、 女性側からあまり好意のサインを出しすぎない方が良いかもしれない。 それよりも大切なのは、男性の全てを受け入れるような姿勢が出来ているかどうかです。 デートの誘い、メールや電話のやりとり、会話の中などで、 彼氏の意見に賛同、賛成、同意し褒めてあげることが男性を上機嫌にさせるコツです。 結婚を渋る男性をその気にさせるテクニックがあるかどうかが、 その後の人生を左右するでしょう。




簡単にまとめてしまえば、恋愛観の男女差は、 男性の恋愛感情は一目見た瞬間に盛り上がりその後は落ち着いてくる。 女性は初めはなんとも思っていなくても、ちょっとした会話や接触の中で 恋愛感情が育まれていく。 男性は熱しやすく冷めやすい、女性は熱しにくく冷めにくいという特徴を持っている。 結婚観に関しては、 男性は結婚に対して億劫で面倒くさがり、 女性は男性に結婚を決意して欲しいと考える。 女性は子供を妊娠出産、そして育てるというリスクがあり、 男性には、一生をかけて子供や嫁、妻を世話しなければならないという 重労働が待ち構えている。 このような厳しく辛い宿命を生き抜くために、 男性は女性からの精神的、身体的なサポート、支えが欲しいと思っている。 女性に求められるのは、将来結婚相手となる男性に献身的に尽くせるかどうか、 仕事から帰って来た時、一緒にいて癒される存在であるかであり、 男性に求められるのは、強く逞しい健康体と一家が生活するための経済力ということになる。 しかし、これらにはもちろん例外もあり、 女性が稼ぎ男性が家に篭る主夫、イクメン、(ヒモ)や、 年収200万円以下の男性でも人間的に愛しているから一緒にいたいという情熱的な夫婦もいる。 ただ、一般的に男女が求めているのは一緒にいて落ち着く「癒し」という要素であることは普遍的な気がします。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.