恋愛tanu.com結婚心理 > 結婚を諦めた人の理由、瞬間

結婚を諦めた人の理由、瞬間

日本の非婚、晩婚化で未婚者の割合は年々増加しており、2013年時点での生涯未婚率は生涯未婚率は男35%、女27%にも達している。 結婚しない、したくないだけでなく、結婚したい人でも「いい人がいない」とか「経済的に不安」という理由で結婚できないという現状もあるのかもしれない。 つまり、日本の男女の約3割は一生独身を貫き通して生きている。

芸能人や企業家社長でも、ずっと独身はいるし幸せそうに生きていたりもする。 そう考えると、独身貴族、俗に言う独男、独女として30代、40代、アラサーやアラフォー、人生の自由を謳歌するのも悪くないのかもしれません。 彼氏や彼女に結婚願望が無い、結婚を考えられないという人も実は結構います。

ただ、もし結婚したいなら、ネガティブ思想で後ろ向きにならず、積極的に行動を起こさないと難しいかもしれません。 結婚を諦めて1人で生きていく決意をした瞬間に気が楽になって、逆に出会いや異性にモテ始めるという体験談もよく耳にします。 強がりや見栄を捨てると肩の力が抜けて自然体の魅力が出て異性を引き寄せるオーラが出始めるのでしょう。 執着や焦りは緊張した重苦しい空気を産むので、男女のコミュニケーションにとっては邪魔になります。 このページではなぜ、どのような理由で結婚を諦めたのか紹介しますので参考にしてください。

スポンサードリンク

結婚を諦めた人の理由、考えられなくなる瞬間

・年齢が30代半ばになって諦めた

10代の若い人に自分の将来はどうなると思うか尋ねると「結婚は20代のうちにはしたいかな」という漠然とした答えが返ってくる。 これは人間の本能なのか、なんとなく直感的に年齢のボーダーラインを意識しているのかもしれません。 だからこそ、そのラインを過ぎてしまうと「賞味期限切れ」であるかのような錯覚を起こして自分に自信をなくしてしまう。 特に女性は、子供が欲しい彼氏や夫だと妊娠出産も望まれる。

35歳から卵子の数が激減し、不妊治療を受けなければならないことが多い。 若ければ若い程、卵子の数が多く子供ができやすいので年齢が意識されます。 女性は子供を妊娠出産するのが難しいと認識し始めると、結婚意欲が削がれるようです。 男性の傾向としては不思議なことに年齢が高くなるに連れて結婚願望が大きく減少していくという。 やはりどこかで家族を養わなければいけないという社会的に責任が心理的に重荷になっているのでしょう。

国勢調査の年齢別未婚率の推移のデータを確認すると、30歳で独身だった人が40歳までに結婚する確率は約15%程度です。 大よそ5人に1人ぐらいの割合です。 また、20代と30代では心理的な印象が大分変わってくるため、出会いの母数が大幅に減少します。 一昔前にモテた女性でも声を掛けられる頻度が減ってくるのを意識し始める時期です。 歳の差結婚、年上年下などの歳の差をまったく気にしない人もいますが、 「おじさん、おばさんは嫌だ」みたいな意見が多く、年齢を交際相手を選ぶ重要な条件の一つであることが伺えます。

・テレビやメディア、ネットの影響

テレビやインターネットで流される情報の多くは、ネガティブなことの方が多いです。 大衆が興味を持つのは他人の幸福よりも不幸話の方です。 人気ドラマでも、失恋やすれ違い、暴力、葛藤、失敗した経験談など、マイナスの要素は大抵含まれています。

周囲に流されやすい人はこのような世間から発せられる、あまり意味のない負のメッセージをダイレクトに受け止めてしまう素直な人が多い。 不安を煽る言葉としては、「ただしイケメンに限る」「貧乏な家に生まれたら終了」「結婚は墓場」「結婚して後悔している」「年収は500万以上ないと生活できない」などです。 これらは人によっては正解でもありますが、間違いでもあります。

人間は自己暗示能力が強い生き物なので、 不安で視野が狭くなっていると限定的な情報を頑なに信じて変に悟ってしまうこともあります。 不細工でも、非正規社員同士でも、バツイチの再婚など、普通じゃないことは沢山起こっています。 世間の悪い噂を自分に当てはめると、みんなから嫌われていると勘違いしてしまうのです。

・独身生活の楽しさを知ってしまった

独身主義者は1人の時間が欲しい人が多く、自分のライフスタイルや生活サイクルを乱さずマイペースな暮らしを満喫したいと望んでいたりします。 積極的に恋人を作ろうとしない人も、無意識に他人と同棲や共同生活をしたくないと思っているのかもしれません。 自由に趣味や恋愛を楽しんでいたいから、現状を変えてまで結婚に必死になる必要性を感じないのでしょう。

また、内縁の妻、夫という都合のいい関係もアリです。 むしろアラフォー、アラフィフなどの高齢とも呼ばれる世代、50代前後では交際している男女は入籍しないでお互いの家に定期的に行き来したり居候するみたいな、 日本のルールや法律に縛られない感じで付き合っていたりします。 中年、高齢世代のお付き合いは経済的に余裕があり、子供がいなければ自由気ままなので何の心配もなく生きていて楽しい充実した時間が過ごせます。

・婚活に疲れた

結婚相談所、お見合い、カップリングパーティ、街コン、合コン、ネット婚活などは現実的な数字として成功率は10%と言われています。 つまり残りの90%はまったく縁が無かったり、何かが違うと拒否されたり、初デートで失敗して振られたりで失敗続きで、 さらに婚活のデメリットであり品定めされることへのストレスや不快感で疲労や絶望感が蓄積されていきます。

なかなか本気で好きになれる人も見つからないし、会社の面接で不採用を突きつけられているようで気も休まらない。 焦りや不安から婚活を始めてみても、うまくいかないことで結婚を諦めたり、 さらには人間不信になり彼氏や彼女を作ること、恋愛をやめる人までいるようです。

人との出会いは運の要素が強いです。 諦めてしまえばそこで終わりですが、100人に会って1人運命の相手が見つかればそれが成功になる。 婚活は終わりの見えないマラソンのようで、途中で疲れて挫折してしまうのも頷ける話ではあります。

・そもそもの結婚観が違う

男女の結婚に対する期待値は大きな隔たりがあり異なるものです。 女性は華やかな結婚式やウェディングドレス、高価な結婚指輪は幸せな家庭を夢見るものですが、 男性は結婚に対しては責任や負担の増大、一家の大黒柱になることへのプレッシャーなどがあります。

だから、男性は恋愛と結婚は別で、結婚を前提に付き合うよりも、遊びの心理、下心でアプローチしたり口説くことが多い。 また、夫婦喧嘩が多い家庭環境で育つと、あまり異性と仲良くしたいとかずっと一緒にいたいという恋愛感情が湧いてこないとも言われています。 結婚に対する考え方が希望ではなく絶望の方向にベクトルが向いていると、夫婦生活に憧れることすらもないのです。

・容姿が人並み以下で結婚は無理だと諦めた

世の中には顔面至上主義であるかのようなモノで溢れています。 少女漫画やドラマは美男美女ばかりが青春を謳歌している、テレビでは不細工キャラは笑われイケメンや女優や持てはやされる。 実際、ルックスの違いで脈ありか脈なしの態度がまったく違うことも体験していると思います。

顔面偏差値が低いから無理だと決め付けると、表情に自信の無さや失望感が出て暗くなってしまうので、 愛想が無くなりより異性からモテなくなるし、話しかけづらい雰囲気になります。 容姿も好みのタイプとして、恋人選びの重要な条件にもなりますが、 人は年齢を重ねるに連れて顔は大して気にならなくなってきます。 見た目が悪いことを恋愛できない理由、原因に挙げるのは少しずれているのではないかと思います。

・仕事が忙しすぎて余裕がない

正社員として働いていると、一日の大半が労働時間になってしまい、よほどエネルギッシュで活動的でなければ アフターファイブや休日を楽しむことなく、家でゴロゴロしたり寝てしまいます。 仕事一筋、仕事優先人間は真面目で婚活をすればウケがいい性格ですが、 自発的に動かないタイプだと、まったくと言っていいほど出会いがないことが多い。

自宅と会社の往復をしているうちにいつの間にか婚期を逃して定年退職なんてこともよくあります。 時間の貴重さを甘く見て何も考えずボンヤリ言われた仕事ばかりしていると、 貯金が増えるばかりで、友達や恋人との交流、人間としての幸せを忘れてしまうかもしれません。 また、異動や転勤で慌しい職場だと、環境に慣れるのに苦労するので余計に出会いを探している時間がないかもしれません。

・収入が少なく将来が不安

低収入で経済的、金銭的に余裕が無いと生活が苦しいし、不幸になってしまうというイメージが頭にこびりついている人がいます。 また、専業主婦願望の女性にとってはやはりお金を稼ぐ力がある男性を旦那にしたいと思うものです。 実際、性格が良くて浮気もしない誠実な男性でも、給料が少ないという一点の理由だけで結婚候補から外されてしまうこともあります。

これは女性側がお金を望んでいるケースですが、婚活市場ではこのパターンで「ちょっと・・・」と気乗りせず後ずさりされてしまう。 ただ、給料が少なくても夫婦共働きで協力して支えあいながら生きていける女性もいるので、 男性としてはそのような良妻賢母のデキた嫁さんを狙うしかないですね。 女性視点では、男性にお金の面倒を見てもらわなくても生活していけるよう努力していると、 頼れる女と見られ年下男性からの良縁も巡ってくると思います。

・いい人が見つからない

人は年齢を重ねると共に周囲の人に要求するハードルが年々上がっていきます。 友達付き合いでは、面白かったり話しやすかったりある程度の知識や共通の趣味がある気が合う人としか遊ばなくなる。 婚活では、年収500万円以上、スキルや資格保有、持ち家有り、家柄が良い、イケメンや可愛い子、25歳前後がいい、などの条件を挙げます。 恐らくほとんどの人は学生時代はこんなに欲望に満ちたスペックを恋人に求めたりしていなかったと思います。

それこそ、席が近い、足が速い、デートに誘われたから、告白されたから、みたいな簡単な理由で好きになります。 10代や20代前半は、純粋で無欲、心が真っ白で変な価値観に汚れていないので、清潔感があるだけぐらいの異性をすぐに好きになることができたのです。 「いい人が見つからない」と言ってしまうのは売れ残っている男女の共通点です。 自分磨きを怠り、相手に求めるものばかりが過剰になっていないか彼氏や彼女に求めている条件をチェックしてみましょう。

・30代で恋人と別れたとき

長年付き合ってきた恋人に突然振られてしまったという話はよく聞きます。 中年で同棲解消、別れと共に結婚を諦めてしまうこともあるようです。 そして別れた後、別の新しい彼氏や彼女とすぐ結婚してしまったなんてパターンもあったりする。

大抵、急に振られた側は一途で尽くすタイプなので、すぐに新しい出会いを期待するような柔軟な思考はできなかったりする。 だから、精神的にダメージを負ったまま、リタイアしてしまうのです。 もし結婚したいと思うのなら、倒れてもすぐ起き上がるような不屈の精神が必要でしょう。

・周囲の人から失礼なことを言われた

人は思わぬところで暴言を吐かれると、脱力感を覚えてモチベーションが失われてしまうことがある。 楽観的な性格の人ならまったく意に介さないですが、完璧主義者で真面目な性格だと、他人のいい加減な意見や評価に気持ちが左右されてしまう。 結婚相談所の仲人から「魅力が無いんからもっと理想を下げれば」と蔑まれたり、 既婚者や所帯持ちの自慢やノロケ話を聞かされたりバカにされると「自分は売れ残りなんだ」と諦めてしまうこともある。

詐欺師や業者のような輩に騙されて、男性不信、女性不信になってしまう人もいるようです。 人の言葉は適当なもので、真に受けていては自分の意志が揺らいでしまい何も決断できなくなります。 信頼できる人物の意見を信じることも大切ですが、どうでもいい他人の言葉は変にこだわらず聞き流すぐらいで十分でしょう。

・紹介された人と長続きしない

人間の性格や個性は個人個人千差万別で多種多様、周りを見渡せば同じ人間とは思えない人ばかりだと思ってしまいます。 無くて七癖と言われ、自分でも認識していない癖がある。 気づいていないうちに無意識の言葉遣いや体の動きが、相手を不快にしていることもあります。

友達にイイ人を紹介してもらったのに、良好な関係が維持できないという人が沢山います。 これは特に恋愛経験が浅い、あるいは彼氏や彼女いない暦=年齢という男女の特徴、共通点です。 奥手で消極的、不器用で気を使えない、 食事や飲み会での振る舞いが下手など。

異性として意識させることができないと友達関係のまま進展しない。 他人行儀ではなく、最低限のコミュニケーション能力を発揮して打ち解ける努力をしなければ良好な関係は築けないでしょう。

・病気や健康問題

精神病を抱えてる、生まれつき体が弱く持病がある。と言う状況だと医療費も掛かりそうだし遺伝的にも怖いと思われてしまうこともある。 病弱な人を支えてくれる心の優しい人も中にはいますが、多くの人からは面倒くさいと感じて結婚対象からは外され敬遠されてしまいます。

また、本人ではなく両親の老後の介護や、認知症、痴呆、ボケなどでお世話をしなくてはならないとなると、 遊んでいる暇も余裕もなくなり、寝不足でノイローゼになることすらあるので、結婚を諦めてしまうこともあります。




結婚を諦めた人の理由、考えられなくなる瞬間は主に自分の心理が原因の根本で、やる気次第で改善できるものです。 結婚は理想を高望みしないで、やる気と多少の妥協する精神さえあれば誰でも歳相応の伴侶は見つかるものです。 無職、ニート、フリーター、アルバイト、派遣社員、ブサイク、ブス、チビ、ハゲ、デブ、障害者、アトピー持ちなど、 人によってコンプレックスになりそうな職業や身体的特徴、見た目、病気などを持っていても、普通にイケメンや美人と結婚をしている男女はいます。

これらを意識してみると、自分の頭の中だけで物語がバッドエンドで完結してしまい、異性と結ばれる夢を見られない人は、その時点で結婚を諦めてしまうのではないかと思います。 世の中は広いので、今が孤独でも言い訳せずに行動していれば自分の味方になってくれるパートナーは探せば必ず現れます。 ただ、独り身は家庭や育児の責任が無く、すべての活動が自由で身軽なので、その点では大きなメリットもあります。 幸せの基準や価値観、生き方は人それぞれで向き不向きがあります。独身未婚だろうが既婚だろうが、自分に合った幸福の道を探し追い求めるのは同じことでしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.