恋愛tanu.comデート・カップル > メール、連絡が少ない彼氏との付き合い方

メール、連絡が少ない彼氏との付き合い方

交際中の女性の愚痴、悩みのひとつに「彼氏からの連絡が少ない」というものがある。 女性は愛情確認をしたがり恋人からの連絡頻度が多いと、愛されていると実感して安心する。 だから彼氏の気持を確かめたいと思っている。

草食系男性、淡白でコミュニケーションやスキンシップがマメじゃないと 大切にされてる感覚がしなくて不安になるかもしれない。 寂しい、悲しい、嫌われたくない、別れたくない、迷惑になりそうだから本音を伝えるのを我慢してる、 など女性の中で色々な感情が渦巻いていますが、彼氏側としては些細なことであまり気にしてる様子はなく、 大抵は彼女側の被害妄想であり、そこまで重大な問題ではないと思える。

なぜ男性からメールが来ないのか、その理由は「仕事で忙しいから」「面倒くさいから」「嫌いになったから」 のいずれかです。ほとんどの男性は毎日連絡を取らなくてもいいと思ってます。 まず、男脳と女脳には心理の性質に大きな違いがあることを理解しましょう。

男性の恋愛は熱しやすく冷めやすいと言われており、 恋愛感情は最初がピークはあとは右肩下がりに下がりクールダウンしていきます。 よっぽど好きなタイプで惚れ込んでいる場合じゃなければ、テンションは維持できず徐々に冷めていきます、 逆に女性は最初はあまり興味がない男だったのに、付き合い始めるとどんどん好意が増していきます。 男は電子レンジ、女はオーブンと言われる所以です。



〜メールの頻度、回数、間隔は愛情に比例するわけではない〜
男性は無駄話をする人が少なく、言葉を発する時は意味や目的があったり事務連絡の場合が多い。 だから、雑談が好きな女性に比べると無口だったり口下手だったりする。 女性から見ると男性のほとんどが無愛想に映るに違いない。 実際、男性は感情表現が苦手で表情の変化に乏しく、デートをしても沈黙が多かったり、 仲良くならないと何を考えているかわからない。

これはメールやLINE(ライン)でも同じことです。 毎日連絡がなくても、 返信が遅いのも無視しているように感じるのも、 絵文字やスタンプがほとんどないのも、既読スルーで時間が空いても別に脈なしサインというわけではなく心配は無用です。 ネットで知り合ったメル友でも、必死でマメにアタックを仕掛けている男性ほど同時進行で 複数女性をキープしているものです。

恋愛の賞味期限は3年と言われています。 男女が好きな人と出会うと、PEAというドーパミン等を含む快感ホルモンが分泌され、 それは3年程度で分泌が止まります。 つまり長期間付き合うと自然と倦怠期みたいになるよう人間の本能でインプットされているのです。

恋愛を続かせるためには、恋人に刺激を求めるだけでなく、 安心感や安らぎを感じられるように方向性をシフトしていなければ長続きするカップルにもなれず、 結婚生活も難しいということです。 男性にとって、「彼女と連絡をする」ということが心の安らぎになっているかどうか、 彼氏の気持が一番の問題です。

スポンサードリンク

冷めてる彼氏との付き合い方

・デートをしてるなら連絡を無理強いしない

世の中には自分の思うとおりの行動をしてもらわないと気が済まない女性がいる。 そのわがままのひとつが週に1、2回会っているのに定期的な連絡をしてくれないと不満を漏らすことです。 はっきり言って男性のほとんどはめんどくさがりで、付き合って3ヶ月もすればデートの回数が減っていきます。 平均は週に1回ですが、新鮮味を維持する目的として、あまり会いすぎない月に2回ぐらいの ペースが最も長続きすると言われています。

もっと沢山会いたい気持もあると思いますが、 マメな付き合いを強要してうざいと思われたら。、束縛する重い女になり印象が悪くなってしまいます。 特に男性は命令されたりアドバイスされるのを嫌う無駄にプライドが高い人が多いので、 下手なことを言うと機嫌を損ねやすい。 ただ、あまりにもメールが一言の短文だったり素っ気無かったら、指摘するのも良いでしょう。

・彼氏に危機感を持たせる

男は一度彼女ができると、好きな人が自分の手に入ったと思い安心しきって傲慢な態度になることがあります。 付き合う前や付き合い初め、交際したての頃は彼氏からの熱烈アプローチで口説き落とされ、 しぶしぶデートをしていたものの、 付き合ってからは電話もメールやラインも一切ない、という状況がよくあります。

男性の場合、信頼関係が強まると落ち着いてしまい連絡頻度が減る傾向があります。 1年以上の長期的な付き合いになると、飽きたりマンネリになり、余計に連絡は来なくなる。 このようになる原因は男性が「安心しきっている」からです。 これを揺さぶるためには恋愛の駆け引きが使えます。 というよりも天然で小悪魔系の女子は自然と男性に追いかけてもらえる性格をしています。

彼氏に追いかけられる方法は、 あんまり冷たくすると他の男のところに行ってしまいそうな、フットワークの軽さを備えておくことです。 男性は釣った魚には餌をやりませんが、釣れてるかどうか不透明な女性には手をかけます。 男性はハンターなので、止まっているよりも、動いている獲物の方が一緒にいて胸がときめくのです。

遠距離恋愛でもそうで、完全に所有物でいるよりも、 ちょっと不安がらせるぐらいの方が、追いかけてもらえます。 ただ、このテクニックは誠実で生真面目な一途タイプにすると、嫉妬心で幻滅されてしまうこともあるので、 相手の性格を見極めて許してくれそうな包容力がある男性に対して使いましょう。

・自分の時間を充実させる

恋は盲目というもので、特に23歳以下位の若い頃、社会人になりたてや学生時代は明確な判断能力がなく、視野が狭い。 彼氏が人生の全てであり、常に彼氏のことばかり考え、ブログやツイッターには彼氏とのデート、 友達との恋バナではプリクラを魅せたり彼氏自慢をする。

これはこれで結構なことですが、大抵は短期間で燃え上がりすぎると、あまり長続きしない。 淡白な男性は重い女を嫌うことがあり、 いつも会いたがったり、メールの返信スピードが早すぎたり、ベタベタくっつくと 居心地が悪いと感じてしまう。 そんなクールな彼氏と付き合っているのなら、 彼氏に依存しないで距離を置き、適度に放置することで関係が良好になったりします。

彼女の趣味や勉強に集中すると、彼氏の方から興味を持って近づいてくるようになります。 好きな人に関心を持って欲しいのなら、依存するだけでなく、たまには突き放すことがピリッとする恋のスパイスとして効果を発揮します。 彼氏と会っていない間は自分磨きをして、光り輝く女としての魅力を持てればベストです。

・扱い方が明らかにぞんざいな時は別れる覚悟も必要

惰性で付き合いを続けている男性は、 自分から別れ話を切り出す勇気が持てず、 自然消滅やフェードアウトを狙って、メールをわざと無視したり遅らせたり、 いい加減な接し方をしてくることがあります。

この心理状態の男性は、自分の中で既に別れることが8割決まっているため、 よっぽどの逆転がなければ付き合いを継続させるのは難しい。 特に、若くてスタイルが良い容姿端麗のイケメン君、高学歴、高収入の職業で婚活で引っ張りだこなどのモテる男の場合は、 他に探せばすぐ相手が見つかるため、平気で切り捨てて裏切ったりします。

その気のない人を振り向かせるよりも、新しい恋人を探す方が容易です。 自分の力でどうこうできないことは諦めて、前向きに次の相手を見つけましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.