恋愛tanu.com女性心理 > 突然冷たくなる女性の心理

突然冷たくなる女性の心理

男女の脳の仕組みには違いがある。 女心と秋の空というように、元々女性は感情の波が一定ではなく、直感的に動く気分屋な一面がある。 ちょっと前まで上機嫌で笑いながら話していたのに、 急に怒ったり泣き出したりと喜怒哀楽の感情表現が激しく、ヒステリー気味、 いわゆるメンヘラっぽい女性も非常に多い。

特に自分より格下だとか舐められている場合は感情をぶつけられ言葉の暴力で 精神的に攻撃してくる可能性もある。 これに対して男性は冷静で客観的で理論的に物事を説明したり判断できる。 しかし、相手の感情を読み取ったり楽しくコミュニケーションする能力では女性に劣る。



また、恋愛観では男性は加点方式で女性を評価するのに対して、 女性は減点方式で男性への好き嫌いを判断して 、その合否によってあからさまに態度や行動を変化させる。

女性にとっての合格点の基準が20点だとして、何かのきっかけで19点以下になり ラインを下回った瞬間、 さっきまで仲良く談笑したりボディタッチもしていた女友達、あるいは彼女であっても 急にそっけないよそよそしい態度になり、その場から離れようとしたり、デート中であっても 、無言ですぐに帰ろうとする。 音信不通になる原因も恐らくこれに当てはまる。

女性は男性に比べると、好意も嫌悪も一瞬で増減することなく、 じっくりと増えていく。 だから、振られたり別れる以前のどこかにマイナスポイントがあり、 それが積み重なり蓄積した結果、突然冷たくなったり素っ気無い態度になるということに繋がる。 女性と接する時は常に細心の注意を払い、減点となる振る舞いは極力控えるようにしたい。

女性は一度冷めるとなかなかその考えを覆さない妙な頑固さ、プライドを持っているのが 特徴的です。 一度嫌われると完全に敵と認識され四面楚歌にまで追い込まれることもある。 どんなにアタックしても褒めてもまったく受け付けず効果がありません。 彼女との復縁を考えた元彼氏も、自然消滅の円満破局であれば 復縁可能性はありますが、 嫌われて別れた場合は再度付き合える可能性は相当 低い。

男性側としては、もし好かれたい相手と接する場合、 プラスポイントを与える努力よりも、 ドン引きされるような言動だけは控えるようにしたい。 無難な印象であればいくらでも親密になれますが、 一度「嫌い」と結論付けられたらその時点で終了だと考えた方が良いでしょう。 恐らくよほど惚れ直すような衝撃的な出来事が無い限り、 このイメージを挽回するのは困難です

スポンサードリンク

女性が急に冷めた態度になる理由、原因

・構って欲しい時

女性は男性に鎌をかけて本気、本命としての気持ちで 愛情を注いでくれているか試そうとする時があります。 メールや電話を自分からしなくなったり、素っ気無い態度で接したり わざと怒ったフリをして黙り込み沈黙状況を作ってみたり、 他の男と仲良くして嫉妬心を煽ってみたりなど。 好意がある男性から注目されたいがために、 ちょっとしたイジワルな行為をして、リアクションを伺います。

女性心理の欲求として「強引に求められたい」 「熱意あるアプローチで口説かれたい」 という願望を秘めています。 男性としてはこのような複雑な乙女心の機微を理解した上で紳士的に振舞い対処することが要求されます。 相手に質問したり優しい言葉を投げかける。 マッサージをしたりプレゼントを贈るなど、愛情確認には様々な方法がある、 サービス精神を発揮して、女性の「本当に私を大切にしてくれるか」という 疑問を解消するようなアクションを起こしましょう。

・女性の無言のサインやメッセージに気づかない

女性は好意を持っている男性に対して、しぐさや態度、行動を通して何かしらの メッセージを発信しています。 女性同士はノンバーバル(非言語)コミュニケーションのスキルが優れているので 読み取れますが男性には理解できない些細なレベルかもしれない。 この電波にまったく気づかない鈍感男に対しては好感度が急激に下がり 、今まで片思いで好きだったとしても、急に冷たくなる可能性があります。

瞳をじっと凝視してきて「キスして欲しい」というサインを送っている時に、 あたふたして迷ってしまい実際に行動に移せない優柔不断な 男性は嫌われる理由の共通点として上位にランクインしています。 男は度胸と決断力さえあれば好かれます。 しっかりアンテナを立てて女性の本音や本心を見逃さないようにしたい。 デート中などは女性の性欲に勘付いてあげるのも重要だったりします。 チャンスは自分が気づかぬ間に過ぎ去っているかもしれないのです。

・間接的な悪口や否定する言葉

無神経な男性はさらっと相手を傷つけるようなことを口にしてしまうことが多い。 特に女性は否定や批判されることに慣れていないため、 軽いイチャモンやシャレ程度の悪口でもインパクトが大きくダメージを受けやすい。 「お前の学校馬鹿が多いもんな」「俺の元カノより優しくないな」 「その髪型or服装変だね」 などなど。このような軽い文句、不満や愚痴を垂れた途端に突然冷めて そっけなくなる。 女性は男性よりもデリケートなので、「やっちまった」 と過ちに気づいた後にフォローをしても無駄なことが多い。

女性と接する時は楽天家になりポジティブな言葉を投げかけるようにしましょう。 「うまい、おいしい」「楽しい、嬉しい」などの プラスイメージの言葉を口にするだけで、一緒にいて楽しい人というイメージができあがります。 女性に対しては軽い気持ちであっても男同士のように気楽に負の言葉を発してはいけないのです。 交際を始めたばかりのカップル、彼氏は彼女を獲得した油断から 横柄な態度を取ったりぞんざいに扱ってしまいがちなので注意しましょう。

・デート中あまりに退屈すぎる

ネットで出会ったメル友との初対面同士でのデートや、あまり恋愛関係が 進展していない知り合ったばかりの男女にありがちなのが、 会話が止まったり、話題のネタが無くなって無言状態になってしまい「デート中につまらない 、面白くない」という 理由で突然足早に帰ってしまうというもの。

もし女性が心理的には体の関係にまで もつれ込んでも良いという気持ちでデート本番に臨んでいたとして、 男性が慎重で奥手、受身なタイプでありなかなか肉体的なアプローチ、スキンシップなどを してこない場合、女性は熱が冷めてしまうことがある。 せっかくやる気満々なのに、男性がそっけないからこそ、 女性も冷めてしまいそっけなくなる。 男性としては真面目で誠実に接したつもりでも、面白みが無く刺激不足だと 女性も飽きてしまうのです。

また、 性欲は男女共に大小の差はあれ存在します。 下心があまりに露骨だったり明らかに体目的の場合は嫌われますが、 逆にまったく手を出さないのも「男らしくない、変わった人」と敬遠されてしまいます。 特に女性の中には体を求めてこないイコール愛情が無いと 判断する本能が多少はあるので、 肉食系男子ばりにストレートで積極的に本能で迫ることが求められているケースもあります。 ただ、女性の中には時間をかけて愛を育みたいというプラトニックな関係を望んでいる女性もいるので、 相手の性格のタイプを見極めて何をするべきか臨機応変に対応していきましょう。

・生理や体調の変化

女性は男性とは違い生理周期やホルモンの分泌量で精神的に少なからず波ができます。 この波動の触れ幅が上下に大きい女性がヒステリーと呼ばれるタイプの女性とも言えます。 生理中の女性は大きく分ければ異性を寄せ付ける準備オーケーの期間と、 異性に触れて欲しくない期間に分けられます。 異性を受け入れる状態の時は、愉快でハッピーな気分で、能天気な言動が増えます。 無意識で何も考えずに男性からの誘いや口説きに乗ってしまうのも大抵はこのタイミングです。 逆に体の受け入れ態勢ができていない子供ができない状態は、彼氏や夫であっても、近づかれただけで うっとおしく感じイライラしてしまう。

突然無視する事でストレス解消や八つ当たり的な気持ちも含まれています。 いきなりシカトされた後、しばらくしたら急にメールで連絡が入ったり優しくなるようだと 、生理が理由で突然冷たい態度になったり避けられたりしたと考えられることもあります。 女性は男性に比べれば不安定で体調が優れない事が多い生き物。 このことを理解すると、女性に対する接し方扱い方に他のモテない男との差ができてくるでしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.