恋愛tanu.comデート・カップル > 彼女に振られた理由

彼女に振られた理由

恋愛に失恋はつきものです。 特に統計では女性が恋愛の主導権を握っており、男性を一方的に振る割合が圧倒的に多く、 男性は辛い思いを沢山します。 別れに慣れていない学生時代や若い頃は受け入れられなくて泣いたり、未練タラタラ、諦められないで引きずったり、喪失感やショックで 何も手につかない状態になることもある。

立ち直る方法は新しい彼女を作るか、諦めて忘れるか、よりを戻す、復縁するかしかありません。 彼女にハッキリ別れを告げられる前の段階なら、 相手の決心を揺れ動かし、惚れ直させることもできるかもしれない。 ラブラブカップルで長続きするためにはには、 危機的状況になる前から手を打たないといけません。

突然冷たくなる女性の心理にも紹介してある通り、 相手に対する評価方法は、男性は加点方式、女性は減点方式です。 女性は基本的に少しずつ付き合っている相手の評価にマイナスポイントが蓄積していき、 一定の合否ラインを越えると途端に冷めてその人に興味がなくなる性質がある。 男性からすればいつも通りの振る舞いをしてるのに、女性が急に冷たくなったと感じることが多い。

自分が現在冷たい態度を取られて振られそうだと思うようなら既に手遅れだったりする。 しかし、まだ振られていない状態で別れたくないのであれば、ダメな部分を改善して、 好意ポイントを積み重ねていけば何とか惚れ直させることはできるかもしれない。 女性の感情、好悪の量は劇的に変化せず、少しずつ蓄積するので、 地道、マメにメールや電話、デート等でコミュニケーションを取ることが重要です。

スポンサードリンク

彼女に振られた理由、原因ランキング

1位、他に好きな人ができた

人間は気まぐれなもので、昨日まで大好きだった人でもたった一つの出来事がきっかけで大嫌いになってしまうこともある。 一途に想ってくれる人もいれば、心変わりが早い浮気性の人もいます。 特に物理的に距離が近い異性とはすぐに親密な関係になってしまいます。 会社の同僚、バイト先の上司部下、先輩後輩など職場恋愛ではあっという間にくっつきます。 だから、結婚したら妻には外に行かず家にいて欲しいと思う独占したい気持ちが働く。

多くの人は本能的に、隙あらば今の恋人よりハイスペックな人がいないかと狙っています。 こればかりは自分磨きをして魅力を高めたり、 相手を依存させるようなテクニックを使う以外に防ぎようがありません。

よくある彼女に振られそうな前兆、シグナルとしては、別れる直前では冷めていることを正直に言わず「仕事が忙しい」「親戚が病気」などを言い訳にして デートの誘いを断り始めます。 脈なし状態が続くと自然にデートの回数が減ってくる。 そしてメールの返信が素っ気無くなったり無視される。

別れたいけど自分が悪者になりたくないから、自分から振ったり切れないという状態です。 付き合っている段階で新しい相手を吟味したり浮気や不倫をしており、今の彼氏をキープしながら別れる準備をしていたりする。 だから、女性は別れた後すぐに新しい彼氏ができていることがよくあります。

2位、冷めてきた、飽きた

好きじゃなくなったわけではないけど本命の異性や恋人、男として見れないという心理です。 このように振られる男の共通点としては 「優しすぎる、いい人」など、サービス精神旺盛で尽くし型、穏やかな性格をしていることが挙げられます。 男としての魅力や刺激不足で彼女が倦怠期やマンネリを感じてしまう。

さらに女性は母性本能が強く必要とされたい願望があり、 世話を焼くのが好きなので、あまりに大人びているデキる人よりも、 甘えてくれたり手の掛かる子供のような彼氏が好きだったりします。 このような自然消滅に近い別れ方の場合、今後も友達として付き合うことができるので、 長期的に友達関係がキープできれば元カノと復縁できる可能性も十分あります。

・3位、性格や価値観の不一致

恋愛や相手に憧れや夢を見すぎていると、付き合う前と後で思い描いていたイメージと違うことがある。 また、付き合ってから長時間一緒にいないとわからない本性のようなものにうんざりして冷めるケースも多い。 話が合わない、好き嫌いが合わない、束縛が激しく愛が重い、 しつこく依存してくる、ベタ惚れされてるのが気持ち悪い、 嘘つき、金銭感覚が違うなど。

このような事柄は相性次第、温度差の問題なので、 何が良いとか悪いという問題ではありません。 人間は本質的に相性が噛み合わない人とは何をしてもうまくいかないです。 告白して付き合っているのに片思いで両思いという実感がないとか、 1週間や1ヶ月などの短期間で別れるのは理想と現実が違ったと言えるでしょう。

4位、時間が合わない、すれ違い

付き合っていても、よっぽど強い絆や信頼関係で結ばれていないと、 コミュニケーションの頻度が減るに連れて愛情も失われていきやすいものです。 報道でも芸能人カップルで男女共に仕事で忙しくてそのまま破局とよくテレビで流れています。 会いたいと思っていても強制的、精神的に会えないとそれが別れる原因になる。

環境要因でありがちなケースが、進学、就職、転勤、上京、仕事のシフト、勤務時間や休日など。 遠距離恋愛になったり、お互いに実家暮らしで一緒にいられる時間が少ないと 心理的な距離が離れていき恋愛感情も冷めてしまう。

5位、将来性に不安を感じて

経済的な基盤が揺らぐことで不安を感じる女性は非常に多く、 どんなに顔、容姿、体型や性格的にダメ男でも、お金を稼ぐ能力さえあれば 彼氏として尊敬するようなところがある。 いつまでも働かない無職やニート、 収入が少ないアルバイトやフリーターの身分、 仕事を辞める、自営業や起業した会社の失敗、借金やローンのトラブル、ギャンブル好きなど。

このように稼ぐ能力を疑問視されると、 「仕事が決まってから連絡して欲しい」と距離を置かれることがあります。 結婚後に貧乏な生活を強いられるようなお先真っ暗な彼氏と惰性で付き合っていても、 メリットが少ないので当然の措置かもしれません。

また、将来性とは「結婚を決意してくれない」ことも挙げられる。 特に20代後半〜30代前後の女性は結婚適齢期であり、 いつまでも惰性で交際を続けていると、婚期を逃してしまうかもしれません。 そろそろ結婚して子供や家庭が欲しい、と焦り始めた時に 彼氏がのんびりしていると、イライラしたり愛されていないと感じます。

恋愛の主導権を握っている男性の場合は、なかなか別れ話を切り出されたりはしないけれど、 隠れて浮気をしたり、もっと有望で素敵な男性を探したいというのが本音でしょう。 楽な関係にあぐらをかいて油断していると、いつの間にか気づかないうちに見切りをつけられていることもあります。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.