恋愛tanu.com恋愛コラム > 女子校出身の性格、恋愛傾向

女子校出身の性格、恋愛傾向

共学と女子校出身の女性を比較すると性格に結構な違いがあったりする。 女子高、女子大育ちの人と話したり付き合ったことがある男性はなんとなく雰囲気の違いに感づいていると思います。

これは気のせいではなく、10代の若くて多感な時期に異性との交流が盛んかどうかは大人になった時の精神面に大きな影響を与えると考えられます。 男がいないという状況で過ごしてきた女性の特徴、共通点をチェックすると、恋愛傾向、効果的なアプローチ方法も見えてきます。

スポンサードリンク

女子校出身女性、彼女の特徴、共通点

・男性の欲求に寛容

思春期に男性と接するチャンスがなかった人は異性への好奇心が旺盛で、尚且つ男性心理を理解できていないので、 常識外の行動をしても割と許してくれるところがある。 日常で男性との交流の機会が少ない生活をしている女性は異性を謎の生物のような存在だと思っていて適切な距離感を保つテクニックを身につけていない。 だから強引なアプローチをしても、あるいは彼女にちょっと変わった要求をしても「こういうものなんだ」と受け入れてしまう生真面目さを持っています。 初心で彼氏との付き合い方、距離感がよくわからないので、流されるがままの受身な女性が多い。

初対面で馴れ馴れしいボディタッチ、不意打ちのキス、初デートで家に誘われるなどのストレートな肉食系アタックを許容して受け入れてしまうし、 男性の性欲に対しても理解がある。 学生時代に陰湿な陰口や悪口、見栄の張り合いや共感の強要など、 ドロドロした女社会で生きてきた女性は付き合いが上手く社交的で、性格は我慢強く協調性があり優しい人が多いので、 結婚するなら女子校出身の彼女がおすすめだったりする。 勘違いしやすく惚れやすい面があるので、普通に口説き落とすように押せば彼氏がいないフリー状態であれば付き合ってくれる確率が高い。

・恋愛経験の二極化傾向

容姿の良し悪し、ブスや可愛いかはモテるかどうかとはあまり関係ないものの、 恋愛に対する積極性があるかどうかで女子高生の青春時代は二極化する。 男子校との文化祭での交流、合コン、バイト先での年上の大学生や社会人との付き合い、ナンパされるなど、 女だけの環境でも行動力がある肉食系女子は彼氏持ちの女の子が沢山いる。

出会いのきっかけを最大限生かしている人は女子高生というプレミアム効果もありあっという間に彼氏ができる。 逆に男性遍歴がまったくない女性も半分以上はいる。 色恋沙汰がまったくない非リア喪女と青春を謳歌しているリア充で明確な差ができるのが特徴的です。 成人するまでずっと女子校で男性経験がまったくないと、付き合ったことが無いのがコンプレックスでより消極的で慎重に恋人選びをするようになり、なかなか異性を好きになれない悪循環に陥ったりする。

そして、イケメンの芸能人やジャニーズアイドル、二次元のアニメキャラが好きなオタクになり現実の男性に偏見やマイナスイメージが湧き興味が無くなり 理想が高くなるのもありがちです。 さらに彼氏いない歴=年齢のまま30代になると警戒心が強くガードが固くなり婚活もうまくいかない負のスパイラルにハマっていく。 女性に対しては失礼かもしれませんが、30代でも売れ残る人は人間的に問題があったり女の魅力は失われていくことが多い。 女性は恋愛を程よくしている人の方が内面も外見も磨かれ価値が上がります。

・下ネタに抵抗がない

女同士の集団は男がいないと羞恥心が一切ない個性を発揮し放題のなんでもありの変人だらけの空間と化します。 女性のみの老人ホームのグループはリーダー格の人が派閥を作ったり仲間外れをいじめたり喧嘩が耐えないが、 そこに数人初老の男性を入れると温和な空気になりみんな仲良くなるという。 同性の集団では一切の女らしさが消え、むしろ男っぽく下品な本性を表面化させる。

学校や女子会では、平気で足を広げて座ったり、生理用品から便秘、生々しい恋バナまで大声で自由に話したり、がさつさが出てくる。 だから、男性が言う下ネタなんて軽いもので、女子校出身者にとっては全然気にしない刺激の少ない部類の話題だったりする。 女の子っぽいキャピキャピさや奥ゆかしさをアピールするのが苦手で、本音ではサバサバしたい心理が隠れている。 だから無邪気でフレンドリーなコミュニケーションで打ち解けられる男性に好意を持ちやすいところがある。

・奉仕精神があり尽くすタイプが多い

女子校は男手がないため、力仕事でもなんでも自分達でやるので自立心が養われる。 見方を変えれば、男に頼らないタイプが多いと言える。 だから、デート代も奢る必要はあまりなく割り勘が当たり前で、 逆にお菓子などをプレゼントしてくれたりする。

共学の女子は男性からの視線を常に感じているため、ぶりっ子になったりわがままを言ったり甘え上手に振舞うのが得意になる。 男性に好きだとアピールされるのが普通だと思っているので、彼氏が付き合いの主導権を握るのが難しい。

女子校育ちは基本的に男慣れしていないので甘えるのが下手です、だから彼氏としては彼女との交際にお金も時間もあまり掛かりません。 しかし、本能的に母性がありお世話をしたり、強い男に忠実に従いたいという無意識の隠された本音がある。 だから、Sっ気がある少女漫画に出てきそうなツンデレ男子がモテやすい。 多少自己中で振り回してくれる彼氏の方が彼女としても安心できる面があります。

・お嬢様の家柄が多い

両親が過保護気味で門限を定めたり塾で勉強をさせたりと娘を大事に育てていると、小中高大とずっとエスカレーター式で女子校に通わせる家庭もある。 まさに箱入り娘のように大人しく控えめ、上品でおしとやかな女性に育ったりする。 プライドが高いお金持ちの人、あるいは頭がいい親は、都立の学校で不良やトラブルメーカーな友達や教師と交流することのリスクを把握しています。 共学では危ない男子と顔を合わせないといけないので、両親としては若干の怖さがありますが、私立の女子校ならその点は安心です。

結婚するなら逆玉の輿狙いにもなり条件的に魅力的ですが、 遊びの彼女として付き合うとなると、夜遅くまでデートできないので面倒くさいところがあります。




簡単にまとめると、女子校出身の女性は男に幻想や期待を抱いている面があり、 どちらかと言えば並の女の子よりも攻められるシチュエーションに萌える女の子が多い。 また、恋愛ドラマのようなロマンチックな展開を望んでいるので、 面と向かって愛の告白をされたりすることに弱い部分もある。

共学の女子よりも性格の深い部分で女らしい面があるので、 本命彼女、お嫁さん候補としてはベストな存在ではないでしょうか。 男の扱い方をよく知らないからこそ、本気で好きになってもらえることが女子校育ちと付き合う最大のメリットです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2021 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.