恋愛tanu.com男性心理 > 告白してくれない男の心理

告白してくれない男の心理

女性には、常に男性から本気で愛されているのか不安になる心理がある。 だから、たとえ付き合っている彼氏彼女であっても、明確に「好きです」「付き合ってください」みたいな意思表示の言葉がなく告白してくれないと、 「本当に私の事好きなのかな?遊びの関係じゃないのかな?」みたいに疑問を感じてしまう人が多いです。

女性は愛の告白やプロポーズをカップルとして真剣交際を始めるための重要な儀式だと思っているところがあります。 また、少女漫画のようなドラマのヒロインになることを夢見ている胸キュンしたい乙女のような気持ちもあるので、 女性を喜ばせるという意味でも告白は非常に重要なものです。

しかし、女性が愛の言葉を重要だと思っているのに対して、男性は思った以上に告白を軽視しています。 現に今付き合っている恋人同士で、彼氏から「付き合ってください」と告白されていない彼女は約50%いるそうで、 友達みたいな関係から自然と仲良くなっていつの間にか付き合って、そのまま結婚してしまうパターンも多いようです。 ちゃんと準備して言葉で伝えたプロポーズなしで結婚している夫婦も半分程度いるようです。

大部分の男性の本音としては「一緒に居れればそんなのどうでもいいじゃん」という安易な気持ちであり、女性が問題視するほど深く考えていないことが多いです。 しかし、中には特別な理由がある男性もいることもあります。

スポンサードリンク

告白してこない、付き合ってと言わない男性の理由

・実はもう付き合ってると思っている

女性の場合は1度遊んだぐらいじゃ付き合ったとは思わないですが、 男性は1回二人きりでデートしただけでもう恋人同士だと思い込んでしまうところがあります。 男女では恋愛に対するハードルが全然違うので、女性にとっては友達と遊んだみたいなお試し感覚でも、 男性にとっては軽い初デートが既にゴールインに近い心境だったりします。

例えば家デートで好きな女の子を呼んで、それで誘いに乗ってくれれば男性はほぼ付き合っていると勘違いします。 しかし、女性はきちんと「付き合って」と言ってくれないと男性を信用できない部分がある。 このように男女の思い込みが食い違うと不信感から振られたり別れに繋がります。 本気で愛されているのに「遊ばれてる」と誤解して険悪な空気になるのはもったいないこともあります。

・恥ずかしくて言えない

日本人男性はよく感情表現が下手だと言われます。 日本の教育はとにかく子供に我慢したり自分の感情を抑え込むことを強制するので、どうしても引っ込み思案で受け身な人間になりやすいです。 男性の草食化、若者の恋愛離れなんて言葉が流行するぐらい日本人は奥手で恥ずかしがり屋が多いのでしょう。

自分の感情を素直に表現できない男性は多いです。 また自分から告白をしたことがない男性は25%ほどいて、告白経験がない人が大勢います。 実際告白は断られるのが怖いし勇気がいるので積極的にしたいとは思わないものです。 シャイボーイ男性の場合、甘い雰囲気の時に「可愛い」「綺麗」「スタイルいいね」みたいな褒め言葉が遠まわしで「好き」という意味だったりします。

・行動だけで好きな気持ちを伝えている

男の世界は以心伝心で気持ちを伝えるみたいなことがよくあります。 親子や職人などでも無言でお堅い雰囲気だけど気持ちが通じ合うみたいな世界があります。 しかし女性は言葉なしでは絶対に満足しない生き物です。

キスしたりハグする親密な関係になれば、言葉で好意を伝えるまでもないと考えてる男性の割合は多いです。 ボディタッチしたり、手を繋いだり、抱きしめたり、それだけで愛し合っているのはわかると思いますが、 女性はボディランゲージだけだと確信が持てないので不安になる。男性の些細な行動から好意を察してあげるのもある種の優しさかもしれません。

・都合のいい女としてキープしたい

正直言ってあまり好きじゃないけどヒマつぶしで遊んでいたり、体の関係だけ求めているモテる男性も中にはいます。 本命の彼女や妻がいて、さらに浮気をしようとする遊び人男はいますが、この最悪のパターンは非常に稀だと言えます。

ナンパで出会ったチャラ男だったり、よっぽど性格が悪いヤンキーでもない限りあからさまにキープ扱いするような男は少ないと思います。 会ってすぐにイチャイチャ触ってきたリする場合でも、本命彼女として大好きな男性もいます。 この手のチョイワルはモテるし口が上手いので口説かれてムードに酔ってしまうと判断が難しいかもしれません。 平気で好きだと嘘を言うところもあり、言葉がそこまで信用できるものではないと思えてしまいます。

・大人になると段々と告白しなくなる

年齢を重ねると友達以上恋人未満のような曖昧な関係になるシチュエーションを経験することも出てくると思います。 学生のように「付き合ってください」と宣言してから交際がスタートするケースよりも、 飲み会や仕事帰りにたまたま流れでお泊りしちゃったみたいな、付き合ってるのかどうかよくわからない微妙な状況が増えてきます。

学生時代と社会人の恋愛において最大の違いは、体の相性が関わってくる点だと思います。 ある程度の恋愛経験があって成熟した男女になってくると、若い頃に比べて親密な間柄になるまでの時間が短くなります。 そうなると「愛の告白」という儀式をする意味が希薄になってきます。

異性の体についての審査は女性の方がシビアなような気がします。 一度抱かれないと本当に好きになれるかどうかわからない女性は結構いると思います。 そういう意味でも告白は後回しでも全然問題がないのです。

年齢が20代中盤を超えてくると真剣交際=結婚を意識することになるので、お互いにとって重い関係になってしまうので、 フレンドリーで気楽な関係が壊れてしまうことも、大人の男性が告白しない理由でもあります。

・何か嘘や隠し事がある

堂々とした態度で平然と嘘をつける人は結婚詐欺師ぐらいで、 何かやましいことがある人間は自信がない態度が必ず現れます。 「付き合ってください、彼女になってほしい」という要望を言えないのも、ある種の自信のなさから来るものでもあります。

年齢を詐称していたり、実は無職だったり、借金を抱えていたり、病気を隠していたり、何か自分の中に問題があると、 「こんな俺が付き合いたいと言ってもいいのか」と悩んでしまいます。 プライドが高い見栄っ張りなのにどこか真面目なところがある。 ナンパやネット恋愛の出会いなど、若干不自然な出会い方をしている場合によくあります。 この場合は正直に面と向かって白状させてスッキリさせるのが対処法です。

モヤモヤするなら直接聞きましょう

男性の半分は両想い状態でデートをする女性に対してもハッキリと「付き合おう」と言いません。 だから、本当に付き合っているのかどうかわからないで、確かめたい時はストレートに「私たちってどういう関係なの?」とか「付き合ってるの?」など 本当の気持ちを確認する質問をぶつけてみましょう。

多くの男性は少女漫画に出てくるイケメンのようにキザで格好いいセリフで女の子を口説くスキルはありません。 女から本心を聞くようでは、女性のプライドや愛されたい願望が満たされないかもしれませんが、不確かな疑いで急に冷たくなって振るよりも男女お互いにとってメリットがあると思います。 質問を投げかけた時の態度やリアクションで何となく告白してくれない男性、彼氏の本気度がわかると思います。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.