恋愛tanu.com男性心理 > 嫌いな男からのデートの誘いを断る方法

嫌いな男からのデートの誘いを断る方法

男性は異性からモテていれば、非常に愉快で気苦労も少ない成功した人生を歩める。 しかし女性はというとあまりにモテすぎると、同性から嫉妬の的にされいじめられたり、 日頃から変人やイヤな男からしつこく迫られて迷惑するなど、 ストレスを抱えながら生きている面がある。

恋愛で片思い中の好きな人から好かれないのに、 どうでもいい人からは好かれるという理由で悩んでいる女性も沢山いる。 異性からアウトオブ眼中で まったく興味をもたれない恋愛対象外の女性からすれば贅沢な悩みですが、自分の嫌いなタイプの特徴を持つ人、 粘着質で暴力的な風貌の人、既婚の中高年おじさん、彼女持ち男性などから 、あわよくば抱きたいという性的な目線でアタックや告白をされ続けるのも、 男性より腕力が弱い女性にとっては、人間不信になるほど恐ろしい事だと思います。 特別胸が大きかったり、外見が色っぽくて可愛い美人だと有象無象の男が何百人と寄ってきます。

そこまで大袈裟でないにしても、男性と女性では異性を獲得するアプローチの手段や思考が違います。 男性は10人の女性の顔写真を見せると8割は好みのタイプで許容範囲だと脳内変換できる心理を持っている。 だから、女性からすれば誰彼構わず声をかけている男でも、案外全員に対して真剣だったりします。 逆に女性は男性10人の顔写真を見せると好きになるのは0人か稀に1人ぐらいだという恋愛心理学の実験結果がある。 男性の中には親しくなる前から「アリ」な人全員に声をかけて 、親密な関係に成ってからその後の付き合いを考えるという一直線に突き進む性格の人がいます。

ガツガツ積極的にデートに誘う肉食系男子は子供を残したい動物的な生存本能が強いのでしょう。 これらを考えれば女性の側だけ声をかけられる被害者?になりやすいことは理解できます。 中にはユーモアや社交辞令的に口説いてくる男性もいるので、そのような軟派なタイプのあしらい方も 心得ておくと場を和ませることができたり、下手なトラブルに遭遇しなくて済む様になります。 女性は身を守るためのイヤな男を避ける回避技術、防衛テクニックや優しくスマート、上手な断り方、会話術を覚えておいたほうが 、後々役に立つ事でしょう。

スポンサードリンク

好きでもないイヤな男を遠ざける方法

・デートの誘いをやんわり断るテクニック

近づいてくる男性が、必死で怖いからといって、 問題を先送りして放置しておくとストーカーやつきまとい男に変貌してします。 それでもまだハッキリと断れないと、連続メールから無言電話、 最終的には自宅を訪ねてくるかもしれない。 攻撃性が出てくるようになってから対処すると、逆恨みされたり嫌がらせの度合いも強くなってきます。

そんな災難を未然に防ぐためには、 最初の段階で適当な言い訳を見つけて、好きじゃないという明確な拒否の言葉と態度を示さないと鈍感な男は気づけません。 しかし、もしその相手が同じ職場の同僚や上司だったり、友達の知り合いだったりすると、 直接的な表現をしてプライドを傷つけると、 後々の人間関係に軋轢が生まれるので色々と厄介な事になりそうです。 そんな時はハッキリとわかりやすく、それでいて角が立たないように配慮をしてお誘いを断る技術が必要です。
ナンパやデートの誘いに対しての定番の断り文句としては以下のようなものがあります。

・これから友達と待ち合わせがある
・その日は別の予定が入っている
・今打ち込んでいる勉強や仕事で忙しい
・彼氏がいる、結婚しているのでごめんなさい
・他に好きな人がいるから無理
・同じ言葉を機械的に連呼する

「忙しい、仕事やバイトがある」というやる事があるという断り文句は かなり相手に気遣って配慮している優しい嘘です。 友達付き合いや会社関係の場合は自分以外のせいにして断るのが基本です。 オブラートに包む感じがあるので、鈍感男にとってはまだまだ付け入る隙があります。 「じゃあ来週は?」なんてしつこく訪ねてくる人もいます。 そんな時は同じ断り文句を連続して使用しましょう。 「来週も仕事で疲れてるから」「その次も無理」と、3、4回もお断りをすれば さすがに脈なしなのを理解してデートの申し出をしてくることはなくなります。

間違っても、「後でまた連絡する」「誘ってくれてありがとう」なんて言ってはいけません。 ふわふわした態度で淡い期待を持たせると後々付きまとわれるきっかけになります。 ただ、恋愛の駆け引きとして、嫉妬心や追いかけたい願望、男性の狩猟本能を刺激するために あえて断って、たまにOkするという恋愛心理テクニックも効果的だったりします。 遠ざかる女を追いかけたくなるのが男心、しかし本気で避けたい相手の時は一目散にダッシュで逃げましょう。

予定がある作戦以外で最も強力な口実は、「他に好きな人がいる」と 伝える事です。 予定があるというのは、周囲の環境や他人が原因で遊べない状態ですが、 片思い中の相手を本気で追い求めているというのは、自分の心理が起因となっているため なかなか揺るがない気持ちだと判断できます。

まったく気がなく、これから友達やキープ君としても付き合いたくないような男性が相手の場合は、 「彼氏がいるから遊べません」ときっぱり断ってしまうと手っ取り早い。 女性は本音を隠しNOと言うのが苦手な人が多いが、ストレートに言うのが お互い最もわかりやすく傷が少ない。 どっちつかずの態度は思わぬ不幸を引き寄せるので注意してください。

・八方美人になりすぎない

男は度胸、女は愛嬌と言われる通り、女性は愛想良く笑顔でいることが非常に大切ですが、 嫌いな男性の誘いを断る時は、一貫して拒否の姿勢を示し続けないといけません。 メールや電話が来たら、一度断りを入れて後は完全に無視する。 自分ではやる気がないつもりでメールを返信したり電話に応じるような曖昧な態度を取っていると 、相手は「押せばいけるかも」と思ってどんどん関わりを持とうとしてきます。 男性を傷つけずあっさり諦めさせるためにも、厳しい態度で臨みましょう。

「一度でいいから会ってくれ」と言われても会う約束をしてはいけません。 粘着質タイプの男性は、少しも関わることなく完全にスルーして毅然たる態度を示さないと拒否されていることに気づけないのです。 その時に特別相手を罵倒したり悪口を言うと火に油を注ぐ結果になってしまうので、 完全に知らん振りを決め込むのが重要です。

過去に付き合っていた元カレが相手でも同じです。 付き合うつもりがないの情に流されて会ってしまうと 、ストーカー化する恐れもあります。 恋人との別れ話がきっかけとなることもあります。

どんなに優しくて穏やかな女性であっても、人の気持ちを無視して迫ってくる相手がいる場合、 法的手段、すなわち警察に通報することも止む無しとなることもある。 被害届が受理されれば、対象の半径数十メートルに立ち入ってはいけないというルールを警告して強いる事ができます。 大事になる前にトラブルを防ぐためには、 脈がない男に対してはあまりニコニコしないという対策がある。 自信満々のナルシスト、勘違い男に対してはあえて目を合わせない、話しかけない、素っ気無い態度で冷たくするという ことも必要な事を覚えておきましょう。

好きなタイプの人から好かれないということが起こる原因も、 誰にでも公平に接するから意中の男性から見ると、女性が自分以外の男にもフレンドリーで脈あり態度をとっているから、 特別な恋心に気づけないという面もあります。 差別をするわけではありませんが、区別をする必要があるのです。

世の中には自分にとってプラスになる人間もいますが、 マイナスにしかならない人間も少なからず存在している。 特に男に力で負けてしまう女性は男性に比べて、危険度が高い異性を見極め選別する必要があるのです。 君子危うきに近寄らず、嫌悪感があるイヤな男がいたらサッと身をかわして回避しましょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2019 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.