恋愛tanu.com男性心理 > 説教をしたがる男性の心理

説教をしたがる男性の心理

年上の彼氏や夫に相談を持ちかけたり愚痴を吐くと、なぜか説教じみた口調で責められ不満を感じた といった 体験談をよく耳にする。 女性、彼女側からすると話を聞いて優しく励ましてくれるだけで十分なのに 、上から目線で余計なアドバイスまでしてくるのでうんざりしてしまう。 この男女の意識の食い違いは脳の差に理由がある。

女性は会話を共感やストレス解消、仲良くなるための手段として用いるのに対して、 男性は会話を連絡手段や問題解決を図ろうとする方法だと思っている。 つまり、女性がただただ相槌を打って傾聴して欲しい事柄に対して、 面倒見の良いおせっかいな男性は、 真剣に悩んだ末、堅苦しく神経質に間違いを正したり、的確な助言をしようとしてしまうのです。

説教嫌いの女性からすると、男性は非常に説教好きで面倒くさい存在に映るかもしれません。 現にモテない男性の多くは自慢話や説教ばかりする特徴を持っている傾向がある。 女性がちょっと気を許した男友達に弱みを見せると、嬉しそうなしたり顔で 講釈を垂れ知識自慢をしたり説教を垂れ始める。 それは飲み会や宴会のように盛り上がる場でもありがちな光景です。 このような人への対処法は、相手の発言を軽く聞き流しながらも素直に受け入れて「はいそーですね」 と受け流すことで回避が可能です。

説教好きは自分が社会的か、あるいは人間的に認められていないことから、フラストレーション、ストレスが溜まっている タイプが多いので、心理学でいう承認欲求、認められたいという気持ちを充足することで 満足して穏やかになります。 譲るのが嫌いなプライドが高い人にとっては癪に障るかもしれませんが、 長時間説教されるよりはマシだと思って、適当に共感の相槌を打ち、降伏したフリをしてやり過ごしましょう。

スポンサードリンク

説教好きな男性の性格タイプ

・自分より下の人間を見て安心したい

男性は負けず嫌いでプライドが高い性質がある。 女性とは違い独りの力で生きていこうとする本能があるため、「できるだけ勝ちたい、誰にも負けたくない」 という気持ちは強弱はあれ誰しも抱いている。 群れの中で最も力が強ければ、子孫を残せる確率が高まる。 だからこそ、常に自分の能力を誇示しようとする機会を伺っている。 男性の多くが持っている自己顕示欲です。

現状の生活に不満や不安を持っている人ほど、自分より格下の人間を見ると袋叩きにしようと 息巻く。匿名掲示板などでもこの傾向は当てはまります。 例えばなんとか知恵袋で質問してきた相談者に高圧的でまったくためにならない 回答をするのはこのタイプです。

質問者に対してダメ人間という烙印を押すことで、自分の価値を高めようとしています。 このような人の不幸を見て笑うタイプの場合、人格の根本を治さなければ対処のしようがありません。 恐らくは負のオーラが漂っているので友達としてもあまり関わりたくないタイプでしょう。

・面倒見のいいアドバイス好き

年上の彼氏、年下の彼女という関係で付き合っていると 征服、支配したい教えたがりの男性と 、従順に尽くしたい教わりたがりの女性という 、相補性の相性の構図でありうまくいくカップルともいえる。

しかし、女性からすればどんなに的確でためになるアドバイスをされても、 あまり嬉しくないという気持ちは少なからずあるものでしょう。 特に職場の上司などの 年上男性は部下に対して「お前の将来のためを思って言ってるんだ」という責任感、正義感があるようなことをよく口にする。 真面目なアドバイスは、 確かに大切にされている感はあるものの、ただ単に命令されてるだけだと やっぱり大事にされていないような気もしてしまう複雑な感情が芽生える。

もし説教好きな彼氏、恋人を好きになってしまった場合、 言葉の一つ一つを深刻に受け止めず 、馬の耳に念仏状態で右から左へ聞き流してしまう能力を身につけると良いでしょう。 「わかったー」と能天気に了解しておけば男性も満足します。 天然系な女性が好かれやすい、モテると言われるのも 男性のネチっこいアドバイスをすぐ受け入れてしまう素直さがあることも理由のひとつでしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2022 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.