恋愛tanu.com婚活・恋活方法 > 就活と婚活は同時進行しよう

就活と婚活は同時進行しよう

女性は妊娠、出産、育児など男性よりも生きていく上でやるべきことが多くライフプランをしっかり練らなければ、 自分が理想とする幸せに到達するのが難しいかもしれない。 仕事をしていれば恋愛が疎かになってしまったり、 キャリアがなければ生きていくのが大変になってくる。 年齢が高くなると不妊問題が出てきて妊活で高額な医療費が掛かったりする。 子供を産み育てるのは女としての喜びであり、家族がいるというのは安心感、幸福感に繋がります。 初めに結論を述べてしまうと就活と婚活はどちらを優先するかというよりも、両方一緒にやってしまうのが最も効率的です。 恋愛か仕事かどちらかひとつを優先しなければいけないわけではありません。 結局どちらも必ずうまくいく保証なんてないので、行動できる余裕があるなら若いうちに沢山のことにチャレンジしていくべきです。 同性ばかりで同僚との職場恋愛が期待できない、出会いの少ない会社に勤務している、職場と家の往復ばかりなど、 現状維持では彼氏ができない環境にいる人は特に婚活について真剣に考えるべきだと思います。

結婚するとなると真っ先に浮かぶ将来の夢がお金持ちなイケメンとの玉の輿結婚というイメージです。 これは誰もが理想とする豊かさの象徴ですが、実際にこの夢が叶う人は10%いるかどうかぐらいです。 そもそも、年収500万円以上の高収入男性はモテるので、ネット婚活、結婚相談所、お見合い、カップリングパーティ、合コンなど あらゆる形態の婚活で真っ先に売れて市場から消えてしまいます。 金銭面で言えば、最近の日本は不況であり経済成長が終わり人口が減少していく国家です。 非正規雇用は2000万人を突破し、所得格差は広がり、年収300万円未満の20代の若者で溢れている。 現代社会はグローバル化の煽りで外国人労働者とのコスト競争の最中にあるので、 高度な専門技術でもなければ賃金は下がる一方になっています。 中国人などの外国人を雇って方が労働コストが安いので仕方がないことでもあります。

このような現状で「専業主婦になりたい」「仕事を辞めたい」という欲を持ちつつ早く結婚したいと思ってもも中々難しいです。 実際、金銭面で男性に依存したいという願望がある女性は婚期を逃すことが多いのが現実のようです。 男から見ても、怠け者で負担が重そうな女性を養うより、低賃金でも夫婦共働きしてくれそうな女性の方が魅力的です。 また、社会的地位やお金が全てという価値観の女性よりも、質素倹約で慎ましく暮らせる地味な女性の方が妻として相応しいと考えている男性は多いです。 つまり、お金目当てで婚活する女性は嫌われるのであり、 逆に経済的に自立していてお金以外の趣味や価値観を共有して楽しめる人はハイスペックのいい男に出会う確率が高まる。 また、低収入であっても女の魅力、癒し、優しさ、包容力、スタイルなどを持っていれば優秀な男性から結婚相手として選ばれることもあります。 そろばん勘定で打算的にならず、大人の男と女として絆を深められることを男性は求めているように思います。

スポンサードリンク

就活と婚活は似てるのか、その共通点

・スペックで足きりされることがある

就職活動も婚活も、条件によってあからさまに態度を変える人物が大勢存在している。 年収を公開しているカップリングパーティでは年収500万円以上だけチヤホヤされてそれ以外は取り残される。 女性も年齢によって声を掛けられなくなったりする。 他にも顔、容姿、体型、職業、学歴、家柄、両親同居か1人暮らしかなど細かい要素もあります。 国家公務員や名のある大企業、役員の肩書き、女性では看護師や薬剤師など人気の 職種は経済的に頼れる異性なので結婚相手の候補としてアタックされやすい。 自分のスペックに自信がない人は勝負の土俵を人間性や本能的な部分、恋愛感情の方向へシフトするとうまくいきやすい。 採用面接で言えば現在の未熟さよりも将来性や情熱を伝えるようなものです。 実際男女関係は能力やギブアンドテイク、利害関係だけで決まるものではないですが、 アピールしやすい長所があると有利なのは間違いありません。

・30歳を境にして需要が減る

キャリアについてはある程度の資格や職歴がなければ年々仕事は減っていくし、 年齢を重ねるに連れて妊娠する確率も下がっていく。 ネット婚活ではプロフィール検索の条件を20歳〜30歳で区切られるし、心理的なボーダーラインとしても機能しています。 高スペックのキャリアウーマンでも年齢が35歳を超えた辺りから途端に厳しくなってきて 希望の条件の相手とはなかなか関係が維持できなくなってきます。 そういう意味では20代後半ぐらいは結婚に焦るべき時期で、婚活を始めるいいタイミングかもしれません。 転職や退職を考えている人も30までならある程度の自由さは許されるので、社会的にも猶予がある状態とも言えます。 アラサー、三十路に突入する年齢は世間の自分に対する評価がシビアな方向に切り替わる転換点でもあります。 はっきり言ってしまうと、若いというだけで沢山の需要があり20代前半、20代後半などの若さは婚活では有利で武器になります。 30代を超えると若さ以外の長所、能力、経験を求められるので厳しいものです。 とはいっても現在の日本はアルバイト、フリーター、派遣社員、あるいは無職でも実家暮らしなら食う分には困らないので、そこまで悲観しすぎるのは ストレスが溜まりよくないので、楽観的な気持ちで過ごしましょう。

・身の丈にあったところを探すとうまくいく

一流企業に就職したいという目標を掲げるのは間違っていませんが、 超難関と呼ばれるような会社ばかりに応募してしまうと100社書類を送っても全て不採用になることもザラです。 自分のスペックでどれぐらいの希望が叶えられるのか可能性を判断して、 ダメそうなら諦めて違うところへ挑戦するということが求められることがあります。 結婚相手を探す時も自分と極端に釣り合っていない相手を交流しても長続きする確率は低い。 また心理的にも人間には「マッチング理論」というものがあり、 自分と似ている同レベルの異性を恋人に選びやすいという性質がある。 企業でもそれは同様で、小さい会社の中小企業の事務職などは高学歴でオーバースペックの人を採用しない傾向があったりします。 勝ち組、負け組なんて揶揄される世の中ですが、人は他人と比べて幸せか不幸か決める生き物ではありません。 生きていることに感謝し、自分だけの幸せを探しましょう。

・どうでもいい人からアプローチがくる

眼中にないと言っては失礼かもしれませんが、 婚活というものは、自分が本命として追いかけている異性には振られるのに、 自分の好みのタイプとは外れる人からは沢山アプローチされるという体験談をよく聞く。 採用活動でも、サービス残業満載のブラック企業の営業職などからはスカウトメールが山ほど届くけれど、 高給で職場も穏やか、福利厚生が充実しているホワイト企業からは拒否される。 ただ、自分を求めてくれていることは確かなので最終的に妥協すれば、それなりの幸せを掴むことは恐らくできます。 人間、どこかで開き直ればいくらでもやりようがあるので、ギリギリまで夢を追いかけていたいものです。






社会人になると学生時代のような受身で待っているだけで声が掛かるような環境ではなくなってしまいます。 自分から積極的に動かなければ仕事も恋愛も容易ではありません。 もしこれから婚活をしたいと思っている方は優良婚活サイト一覧のおすすめサイトをチェックしてみると 面白いかもしれません。 男も女もできれば相方には長く働いてくれた方が家計も助かるし共同生活ができそうで安心します。 経済的に自立しているけれど、精神的には若干男性に依存している、という頼れる甘え上手な女子がお嫁さん候補としては人気になりそうです。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2021 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.