恋愛tanu.comデート・カップル > 同棲で後悔しないためにカップルが準備すること

同棲で後悔しないためにカップルが準備すること

男は得をして女は損をすると言われます。 男性は身の回りの世話を女性がしてくれるし、浮気をしても法的に何も罪を問われない、 逆に女性は結婚しようと一生懸命奉仕するので労力が掛かるといった感じです。 体験談としてはラブラブの新婚状態は最初のうちだけだとか、一緒にいて本当に楽しい などの意見があり、評価はほぼ半々の状況で個人差があります。

同棲して後悔したことは、彼氏の車のローンや借金を払わされた、緊張感がなくなってときめかなくなった、 だらしない面が気に食わないなど、金銭面、性格面、恋愛対象として、 どれかが欠けるとそれが原因で別れることに繋がります。

同棲がうまくいかないようなら別れた方が正解です。 交際は解消せず、同棲をやめるだけで別れた後に関係が良好になる可能性もあります。 性格によってはお互い離れ離れ、別居状態で過ごしたほうが新鮮味を感じられるし、 愛情が維持しやすいということもあります。

同棲は結婚生活のお試し期間です。 20代後半の女性は、彼氏と一緒に住む=結婚と考えがちですが、 男性は30代前後でも結婚を決意できない人が多いものです。 同棲期間が長くなると結婚を切り出すタイミングが掴めず、 ずるずる惰性で付き合い結婚を先延ばしする結果になってしまうかもしれません。

同棲が失敗するケースは1年〜2年程度、長く一緒にいすぎて倦怠期で愛情が冷めて結婚に至らないことです。 性格にもよりますが、相性があまり良くないと飽きるのも早いです。 逆にうまくいくとトントン拍子で数ヶ月でゴールインに至ります。 結局のところ同棲はやってみなければ相性を判別するのは難しいので、 とりあえず一緒に暮らすのが楽しそうだと思うならやってみた方が面白いでしょう。

スポンサードリンク

同棲の準備と心構え

・束縛しすぎに要注意

一つ屋根の下で暮らす最大のデメリットは 個人のプライベートな時間がないということです。 特に共同生活が苦手な人、マイペースな自由人、そばに誰かがいると寝られない人などは 苦痛を感じます。 感情の波が激しく言いたいことをすぐ口にしてしまうタイプの場合は、 何の気無しに不満をぶつけたり、嫉妬でやきもちを焼いたり、口うるさく否定してしまうことがある。

このようなストレスを感じる行為の積み重ねで、 一度「こいつ重いな、面倒くさいな」と思うとそのマイナスな気持ちはなかなか取れないもので、 喧嘩や口論などの衝突に発展し、最悪の場合振られます。

恋人同士といえども他人だと思ってしまうと安心感がなく落ち着けない状態に陥ってしまいます。 お互いにベッタリ依存できる彼氏彼女なら過度な束縛も愛情に変わりますが、 片一方が淡白な性格だとベタベタしすぎるのが嫌いなことがあります。 いつも一緒だからといって、勝手に携帯、スマホ、メールやラインを覗き見たり、 日々の予定を根掘り葉掘り聞いたりしたり、 行動に口出ししすぎるなどの相手を束縛する行動は控えるようにしましょう。

・初期費用と毎月の出費を計算する

どちらかの1人暮らしの家に転がり込む場合は、 家賃、食費、光熱費、ネット代などを割り勘にすればそれだけ生活が楽になり同棲の経済的メリットを享受できます。 ただ、新規で一緒に住む賃貸物件を選ぶ場合は、家賃2か月分と敷金、礼金、不動産契約手数料等で平均30万円前後お金が掛かり、 さらに家具類、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、掃除機、テレビ、テーブル、ベッド、布団、カーテン、ソファ等で20万円前後必要です。 これらは実家から物を持ち込んだり誰かから中古品を貰えばいくらでも節約可能です。 一から部屋探しをして二人だけの城を築きたいのであれば、生活水準によって最初に20万円〜50万円は用意しておく必要があります。

さらに毎月最低でも11万円程度は出費があります。 これもカップルで負担しあえば一人6万ぐらいになるので、金銭的に不安を感じる必要はあまりありません。 また、結婚して子供が1人生まれると、月3万円は負担増になるという計算です。 安定的な収入があったり、住宅手当でもない限りは現在の若い男女にとっては負担が大きそうですが、 世の中にはフリーターやアルバイト、無職の彼氏と同棲してる彼女もいたりします。 年収200万円もあって贅沢をしなければ貯金は難しくても、 生活費は十分足りるということですね。

・両親に挨拶をしておく

お互い1人暮らしで転がり込む展開なら親に内緒でも問題ありませんが、 実家暮らしから家を出る場合、あるいは結婚を前提の真剣交際という時は 、お互いの両親に一言挨拶をしておかないと怒られそうです。 何も同棲報告は悪いことだけではなく、両親が応援してくれたり結婚準備もスムーズになったりと、後々楽になることもあります。。 もちろん、両親が頑固だと反対されることもありますが、 報告を後回しにする場合よりも穏便に事が運ぶでしょう。

人間、誰かに隠し事をしていると罪悪感や不安感などから無意識のうちに多大なストレスが掛かります。 最初から真実を打ち明けて気持ちをスッキリさせた方が同棲生活もうまくいきやすいです。 お互いの両親に対しては電話でも良いですが、できれば顔合わせをしてちょっとした会話をしておきたいところです。

・家事分担や家のルールを決める

女性が不満を感じやすいのが、ゴミ捨て、料理、などを全て任されることです。 今時の若い男は器用なのでちゃっちゃとおいしい物を作ってくれて家事もしてくれるかもしれませんが、 中には一切動かない人もいます。 また、細かいところでは、就寝時間、お金の管理、食事のメニューなども相談しておきたい事柄です。

職業によって生活リズムや習慣が食い違うので、相手のペースに合わせるのが大変な場合があります。 時には妥協して相手の都合に合わせる忍耐も必要となる。 ここで、できれば将来の結婚のビジョンについても話し合っておけるとベストです。 ただ、決まりごとが多過ぎると窮屈になることもあるので、最低限必要な取り決めはしましょう。

・良い部分と悪い部分が見えてくる

一緒に住むことの最大のメリットは寂しくないことです。 人間は誰かと仲良くなりたいという親和欲求が強く、 傍に好きな人がいて温もりを感じられればそれだけで幸せになれます。 無欲な人だったらこの要素だけでほとんど満足してしまうので、不満は何もないのですが、 多くの人は相手に完璧さを求める、確かに金銭面や時間にルーズなど明らかにダメな欠点もありますが、 些細なことでも一緒にいるとイライラの原因になったりします。

服を脱ぎっぱなし、掃除をしない、皿洗いをしない、お酒を飲むと態度が豹変する、ケチ、 潔癖症、など、自分に合わないと思うと幻滅する可能性が多々あります。 短所よりも長所が多いと結婚できると判断されるようですが、 我慢できないような嫌悪感を抱く癖などがあると、性格の不一致となり破局することでしょう。

・頑張りすぎない

好きな人に認められたいがために、色々なことに一生懸命になると、 それが別れるきっかけになったりします。 例えば、女性が家事や料理が好きと言ってアピールするのも良いですが、 男性側が家政婦を利用するような態度になり、まったく手伝わなくなったりします。

そして甘やかしすぎたことで不満を感じ、イライラが募る。 お金が必要と言うので喜んで貰おうとお金を貸してみたけど、次々催促される、など。 愛情を理解できず、感謝の心がない人は何をやってもありがたみを感じません。 特に男性は調子に乗るタイプが多いので甘やかし方には注意が必要です。 もしお互いに協力し合える関係であれば、一方的に尽くすとそれなりのお返しがありますが、 無神経だとサービスを受けるだけでどんどん横柄になります。

キッチリしすぎよりかは、 逆にズボラな人の方が癒し系、天然系で可愛がられるかもしれません。 人は肩肘を張って緊張している様子は相手から伝わってきます。 やる気がある頑張りすぎの人とずっと一緒にいると暑苦しく疲れることがあります。

それよりも自然体でリラックスできるような空気が作れるほうが長続きする夫婦でいられます。 ただ、男性は常に可愛い彼女を見ていたいロマンチストが多いので、 すっぴんやだらけた服装ばかり見ていると女として見られなくなることもあるようです。 逆に男は普段の頼れる大人の姿が消えて家だとだらしない姿なので嫌われることもあります。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2021 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.