恋愛tanu.com恋愛コラム > 彼氏候補が仕事のできる男か見分ける方法

彼氏候補が仕事のできる男か見分ける方法

女性としては恋人や結婚相手に選ぶ条件として、潜在力や将来性を感じる男性の方が魅力的で尊敬できるし、 自分の人生に成長になりプラスになると思います。 仕事が続かない人、結婚して家庭を持った後で無職やニート、フリーターなど、 収入が安定しない男性と付き合ってしまうとケンカ別れや離婚の原因にもなります。

仕事ができるというのは、会社の業務を真面目にこなすデキるサラリーマンタイプと、 独立や起業を考え、自分の力でお金を稼ぐ職人気質タイプの2種類があると思います。 どちらの属性もそれなりの長所があり好みは分かれます。

遊びの付き合いではなく、 将来結婚して夫婦になるとするなら、どちらにしても生活力やサバイバルでも生き残れるような 生命力を感じる異性をパートナーにするべきでしょう。 リストラされても再就職するバイタリティがあったり、何かしらのアイデアや肉体ひとつでも生き残れる男性が理想的です。

以下では、 彼女や妻のために働いてくれるような責任感があり頼りになる彼氏や夫、旦那になりそうな男性の見極め方を紹介してきます。 ダメ男を掴まないためにも、誠実でしっかりした男性を見分けましょう。

スポンサードリンク

仕事のできる男の特徴、共通点

・部屋が片付いている

環境を作るのが上手な男性は基本的に器用であらゆる面でセンスがあると言えます。 使うもの不要な物を取捨選択できるのは、男としての決断力が無ければできません。 汚い部屋にいる男性は精神が堕落しており、あらゆることに鈍感で大抵は仕事も続きません。

散らかった部屋でもきちんと仕事ができる人は精神が図太く特殊な性格であり、 向上心やポジティブな気持ちで心が満ちていると、普通は綺麗な部屋で日々過ごしたいと思います。 実際、デスク周りが整理整頓されている男女は要領よく作業を処理しこなせます。 逆に机に書類が沢山あったり、使わないようなものが山積みにされている状態の人は、 ズボラでいい加減なタイプです。

また、住まいに気を使う男性はかっこいいし、モテると言われます。 最近は1人暮らしをすると経済的負担が重いので、実家暮らしが一般的な時代へと回帰しており、 一概には言えない面もありますが、 やはり実家暮らしよりも1人暮らしの方が自立心が旺盛で男らしい面があります。 動物で言うところの巣作り能力がある男性は、他の面でも優れている可能性が高そうです。

・忙しいと愚痴を言わない

デート中に「上司が嫌な奴でさぁ」「仕事がつまんない」「残業で疲れた」などと悪口や愚痴をこぼす男性は将来性がありません。 特に不確かなものに対して「そんなことできるるわけ無い」と言い切る否定をしてしまう人は、成長の見込みがない ダメ人間の可能性が高いです。 文句やネガティブなことを言うだけで何も改善できなければ、その言葉は誰かを不快にしてしまう意味しか持ちません。

仕事ができる男性は自分に自信を持っておりプライドが高いので、 ポジティブなことを口にすることが多いし、 過去の自慢話や武勇伝よりも「これから何をするか」を語るのが口癖です。 また、できる人の多くは朝方人間で、朝の散歩はランニングや筋トレなどの健康作りを習慣にしていたり、 自営業などで独立している人は早朝に全ての仕事を追えている人などもいたりします。 つまりどんなに多忙でも仕事が速く時間の使い方がしっかりしているので余裕を作り出せるのです。 ゆとりやリラックスタイムに対する優先順位が高く、適度にサボるのが上手という特徴もあります。

彼氏をメールやラインでデートに誘っても「忙しいから遊べない」と断られるケースは要注意で、 浮気の可能性すら伺えます。 これらはちょっと無理難題を吹っかけてみるとデキる男か簡単にチェックして見分けることができます。 会話の中で「もしもこうだったらどうする?」というような質問をして、その答えによって その人の性質が見極められます。 ここで、どんな不可能と思えることでも達成してしまうような回答ができれば頭の回転が早く、 ポジティブ思考であると判断できます。

女性も本能的に弱音を吐く男は頼りないと感じて嫌いになりやすい心理があるので、 きっと無意識のうちに生き残れる強い男性か選別しているのでしょう。

・自分で考える頭を持っている

好奇心旺盛で世の中にアンテナを張って最先端の流行や研究をチェックして、時代の先を読むことは経営者や社長に求められる資質です。 他人や大衆に左右されず自分の意志を信じて貫かなければ男は大成したりお金持ちにはなれません。 初めのうちは人から「お前は馬鹿だ」と言われることを愚直に継続する人ほど成功者になります。

世間には無駄な情報が溢れています。 その業界が好きな方には失礼ですが、 芸能界のスキャンダル、アイドルや俳優のニュース、偏った政治思想、メディアやテレビの垂れ流し映像など。 中には著しく偏向、加工されていたりして誤った情報が流れていることもあります。 そんな時に自分の頭で考える力がないと、騙されてしまうことがあります。

例えば健康食品の通販で「このカプセルを飲めば1日の栄養素が取れる!」なんていうのを安易に買ってしまう。 「起業すればお金持ちになれる」という雑誌を信じ込んで借金をしてまで赤字経営をしてしまうなど。 誰かから流された情報を鵜呑みにして、突っ走る人は高確率で失敗します。 それは自分で考えていないからです。

自分の頭で物事を考えて、自分なりの結論を出せる人は将来性があります。 思考の柔軟性があり、あらゆる可能性や人の心理、気持ちを考慮できる人間、 まとめてしまえば「想像力が豊か」な男性は仕事ができると結論付けられます。 誰かの受け売りを信じ切ってスピーカーのように垂れ流す人は、自分で考えることを放棄しているので、 業務の効率を改善したり、よりよい仕事をしようという向上心やスキルアップは見込めません。

ただ、逆に自分の思想を信じ込み過ぎて誰の意見にも聞く耳を持たず、 頑固になるのも時代の変化に対応できずに良くないのは確かです。 トレンドに流されない服装をしているのに、今風でオシャレな男性は頭が良さそうです。

・女性にモテる

あの名作漫画の「課長島耕作」ではないですが、やっぱり仕事ができる人は女好きで、 プライベートが充実している。 男としても外見も内面も磨かれていて顔つきが端整で、女性からチヤホヤされやすい体質を持っている。 さらに女の子の扱いも口説き落とすのも上手です。

女遊びをする遊び人の男性は、生まれた時から女性に大人気だったというわけではなく、 どこか成長過程で女性から好意を抱かれる、惚れさせるために必死に努力をしてきています。 モテる方法や口説くテクニック、ナンパ方法などを勉強して実践したり、何度も女性から振られた経験もあると思います。

ビジネスで言うところの営業職では、 会社に自分の魅力をアピールしてアプローチし成約を頂くという流れは 恋愛で女性にアタックするのとほとんど同じ道のりです。 仕事でも恋愛で成功するためには「気が使えること、行動力があること、相手の期待に添えること」の3点が要求されます。 つまり恋愛上手は仕事ができるということになります。

女性とのコミュニケーションが上手な男性は基本的に爽やかで社内での協調性やチームワークが期待でき、活動力があり使える人材であることが多い。 女性が彼氏を作るときや婚活の狙い目としては 本来イケメンで彼女がいてもおかしくない引きこもりがちな隠れモテ男子。 学生時代理系や工学系だったり同姓ばかりの職場にいるハイスペックな理系男子などが狙い目です。

・理路整然としている

世の中のある程度のことはロジックによって成り立っている。 自分の頭の中にどのような理屈が存在するかによって勝ち組になるか負け組みが決定されます。 株式投資を例にすると、リスクとリターンを比べてリターンが勝る時は期待値が高い。 そのようなタイミングで株を購入すれば、7割の確率で利益になる。 しかし、一回目に株を買ってみたときは損をしてしまった。 でも、また同じ事をやると今度はプラスになった。 そして同様のことを繰り返せば繰り返すほど、結果は期待値である勝率7割に収束されていく。

自分の頭の中にこの例ような成功への法則、スキームが思い描ければ一人前です。 また、頭の回転が早い人は説得するのが上手で感情をコントロールできるクールさも備えている。 すぐに感情的になり怒ったり短気な性格の人、抽象論や運、オカルトに頼り過ぎる人は仕事ができません。

・特定の趣味や専門分野に詳しい

人間は頭を使うか、身体を使うか、あるいは両方かを備えていなければ、生活できません。 中でも知識や技術は生きる上で大切なもので、お金を稼ぐ手段になったりします。 IT技術、プログラミングは頭脳労働の代表格で、 頭が柔軟な若い20代30代のうちしか日々進化していく業務に対応できないなんてことも言われたりします。

さらに、自分の得意分野のベースのようなものがありながらも、 様々な勉強に手を出していくマルチタスクな性質があるとなお成長の見込みがあります。 好奇心や探究心が旺盛で、含蓄に富んだ男性は、もしかしたら大化けするかもしれません。 また、人生経験や知識が豊富だと、話し相手として一緒にいて楽しいというメリットもあります。

・飲み会が好き

これは大企業などで出世するための処世術では必須と言われているものです。 最近の若い世代が運営するベンチャー企業では飲み会の強制などはほとんどないかもしれませんが、 古い体質の大企業では、 新年会、忘年会、会社帰りの宴会、新入社員歓迎会、送別会、顧客との付き合いなど、 宴会付き合いは必須行事で、そこで人事先の相談があったり、人脈も作られます。

幹事を任されたり、お酌をしなければならなかったり、一発芸の披露を強制されたりする上に、 無礼講の悪ノリは許されません。 大学生のような飲み会ノリが大好きな組織では、下戸ではなかなかトップに立つほど偉くはなれない。 酒飲みの男性はエネルギッシュでパワーもあり、頼りになります。

・計画性の有無

うまくいく人は偶然や運だけで伸し上がっているわけではなく、 必ず自分の頭の中に将来の設計図を思い描いています。 今働いていない無職でも「将来こうしたい」という具体的なビジョンがあれば全然大丈夫です。

ただ、その日暮らしでダラダラ生活している人は、そのまま一生を終えてしまう可能性があります。 そしてそのスタートからゴールまでの道筋が詳細で明確であればあるほど実行が伴いやすくなります。 結局のところ人は「将来の夢を見れなければ願いは叶わない」わけで、 成功への計画が無い男は会社の上司に言われるままに働く能力以上のことは期待できません。

時間にルーズで遅刻やドタキャンが多い男性も交際相手に選ぶべきではないです。 平気で人を待たせる人は性格のどこかに欠陥があり、簡単に人を裏切る態度を取ったりします。 予定やスケジュールを立て、そのルール通りに行動ができる男性は、仕事ができます。 また、一瞬で計画を練る思考の瞬発力、

ハプニングやトラブルが起きた時に、冷静で臨機応変に対処できることも重要です。 女性は優柔不断な男性が嫌いで決断力が早い人が好きなことからも、 危機対処能力の重要性がわかります。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2019 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.