恋愛tanu.com恋愛コラム > 甘党、チョコレート好きは落としやすい

甘党、チョコレート好きは落としやすい

食べ物や味覚の好みと人間の心理、性格はある程度の傾向があるという調査データがある。 アメリカの心理学の実験では、甘いものを好む人は相手の誘いに乗りやすく人助けをしやすい、 苦いものが好きな人は神経質で気難しい固いタイプ、 辛党、スパイシーな味が好きな人は刺激的なことが好き、明るく社交的でフレンドリーという結果になっている。

また、甘党の人は甘えん坊で人から好かれたい、認められたいという欲求が強く。 酸味や苦味が好きな人は安定感を求め危険な冒険を避ける、 計算高くじっくり愛を育む堅実派で一目惚れすることは少ない。 辛党の人はムラッ気で飽きっぽく、新しい物好きで移り気な傾向がある。 などの性格診断、分析結果が出ている。

糖分は人を幸福な気分にさせる効果があると言われています。 特にチョコレートを食べると、ポリフェノールから ストレス軽減効果や癒し作用が働き 脳内に幸福な状態を表すホルモン、恋愛ホルモンでもある、 ドーパミンやエンドルフィンなどの 分泌を促す効果がある。癒しやリラックスを感じる事から異性に 惚れっぽい状態になっていると思われます。

人はハッピーだと感じている時は周囲の人や他人にも優しくなれるもので、 ナンパで一声かけられた相手に対してもノリが良く誘いに応じてしまいやすい、 押しに弱い心理状況となっている。 つまり、もし片思い中のターゲットが スイーツ男子、スイーツ女子などで、 甘党だったりチョコレート中毒やアイス好きだった場合、 ガツガツ押していくアプローチをすると成功確率が高い。 周囲の友人を見渡してみても、チョコレート好き、アイス好きを公言している 人は押しに弱く騙されやすい平和主義なタイプが多いように感じます。

また、甘党と聞いただけでなんとなく 「気立てが良い」「優しい」というパーソナリティを想像してしまう 心理が人にはあるようです。 婚活のプロフィール欄で無表情の写真と普通の紹介文が書いてある場合と、 そこに一言「スイーツやチョコレートが好きです」という文章が 加えられていた場合を想像してみると一目瞭然ですね。

嘘をつくのはあまりよくないかもしれませんが、 人から好かれたいと思った時は、「甘党、お菓子好き」 だと言いふらすとそれだけで可愛いと思われ好感度がアップするようです。 最近流行りの「スタバ(スターバックスコーヒー)」好きと 紹介された時なども、ブランドイメージも合わさってか、なんとなく 落ち着いた大人のお兄さんお姉さんっぽい雰囲気、まったりとした素敵な人物像のイメージが浮かんでくる。

スポンサードリンク

甘いものを食べさせると好きなりやすい

・チョコレートをプレゼントして落とす

日本にはバレンタインデー、ホワイトデーと呼ばれる 男女が盛り上がりイベントの日がある。 女性が好きな人にチョコレートをプレゼントし、男性がお返しに お菓子を贈るというもの。 実のところこれはお菓子メーカーの策略であり、すっかり定着した大成功の事例なのですが、 実際男女仲を進展させる効果もあるのでwinwinな催しです。 片思い中の気になる人にチョコレートを渡すという行為は実は 、親密度を格段にアップさせる効果が期待できる。 人間が最も記憶に残る出来事は五感に関わる事、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚です。 相手に食べ物をプレゼントするのは 、その中でも、視覚、触覚、味覚、嗅覚に訴えかけることができる。 つまりそれだけ暇な時間に思い出される確率が高まるということです。 また、チョコレートにはストレスを抑制する作用、興奮状態で気持ちよくする物質などが 含まれているため、プレゼントをくれた相手に対して良い印象を抱くことになる。 私も学生時代に近くの席に 座ってた同級生に10円のチョコ棒らしきものを貰ったことがありますが、 その女性のことはいまだによく覚えていて思い出すし、感謝しています。 初デートで食事をする時なども、お肉をご馳走するよりも、 スイーツ巡りでもした方が無意識的に惚れやすくなるかもしれません。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク






Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.