恋愛tanu.com女性心理 > 女性の彼氏募集中サインの見分け方

女性の彼氏募集中サインの見分け方

彼氏がいるかどうか、見た目や雰囲気で完全に見分けることは困難で、結局直接聞いて調べてみなければわかりません。 顔や容姿が可愛い、美人かどうかも彼氏の有無とはあまり関係がありません。 最近の日本人女性は昭和時代に比べて容姿、ルックスのレベルが非常に高まってるので、モデル級の綺麗さを持っていても 、誰もが高嶺の花だと思って手を出せずに売れ残っている可能性が高いです。

また、女性は男性よりも切実に恋愛をしたいという願望が強く 、彼氏が欲しいと思っている。 女社会では恋バナができない人は非リア充、喪女としてヒエラルキーの下位に属してしまい 負け組であるかのような錯覚を覚えます。 だから実は孤独な男性よりも寂しいフリーな女性の方がよっぽど辛く素敵な恋愛をしたいと願っている。 つまり、モテない男達が思っているほどデートやアドレス交換までのハードルは高くないということです。 ちょっとした行動力と縁さえあれば、デブ、ハゲ、チビ、無職でもいくらでもチャンスはあるのです。

また、彼氏がいてもマンネリ化していたり倦怠期で別れそうなカップルは山ほどいる。 特に女性は自分から別れを切り出すのは苦手なので、異性からのアプローチを口実、きっかけにして 乗換えを計りたいと企んでいたりもする。 このような場合少し強引にアタックすると簡単に略奪できることもよくあることです。 それも含めると女性の2人に1人ぐらいは恋人がいないと判断しても良さそうです。 国の調査でも18〜34歳の若い独身未婚男女のうち約50%が恋人がいないという最新データが出ています。 彼氏が欲しいと思っている女性は多く、恋人募集中の場合脈ありサインでしっかりアピールしてくれます。 後は男性側がどのようにアタックして口説き落とすか、デートに誘うか次第です。




〜男の第一印象の重要性〜
彼氏ができない女性は星の数ほどいるのに 、世の中の男達の中には積極的に迫ってもうまくいかず「いくらアタックしても振られる」と嘆いている人がいる。 これは女性が一目見た瞬間、人間性が交際したいと思う最低限の合格ラインにすら達せず足切りされているからです。 その敬遠されてしまう要因には以下のものがあります。


・一緒に歩きたくないほど服装や髪型など全体的な雰囲気がダサい
・手当たり次第に女の子に告白してそうな行動や外見のチャラさ
・片思い中の好きな人がいる
・仕事が忙しくて精神的に余裕がない
・イケメンとしか付き合いたくないほど理想が高い
・まったく自分と関係ない他人


これらの要素をクリアするためにできることは、 ファッションセンスを磨く、誠実さや真面目さをアピールする、 最初に拒否されてもしつこくない程度にフレンドリーに食い下がるチャレンジ精神などを身につけるなど、 簡単なことを心がけるだけでうまくいきます。 極端に高望みの人や時間的に厳しいと追い込まれてる人には、 どんなアプローチをしても付き合いを始める段階で既に難しいです。 初対面で告白をしたがる人がいますが、 このケースでは「知らない人」というカテゴリーの人から 突然重い感情をぶつけられてもどうしようもできず反射的に拒否してしまうので 、ほとんど振られます。 ナンパや連絡先を書いた手紙を探す時は、いきなり「好き」ではなく 「可愛いから遊びたい」というニュアンスの方が警戒心なくメールをしやすいです。

男性は顔の審査基準が厳しいですが、女性は顔に関してはかなり許容範囲が広いです。 「雰囲気イケメン」という言葉があるように、清潔感や全体的な身だしなみに 気を遣い何かしらのアクションを起こせば、不細工、ブサメンでも彼女は作れるのです。

スポンサードリンク

彼氏が欲しい女性のしぐさや態度、脈ありサイン

女性は男性に「自分の気持ちに気づいて察してほしい」「相手から迫られたい」という心理が常にある。 だから、女性が発信してるシグナルを見逃さないようにしたい。 女性は男性よりも、感情表現が豊かでさり気なく遠まわしに好意を伝えることが多い。 鈍感な人だと勘付けないですが、ここが理解できると攻めるべきベストタイミングがわかってくる。 また、彼氏がいない女性の特徴や共通点も合わせて以下にまとめてあります。

・アクセサリーや小物が好き

ピアス、ペンダント、イヤリング、指輪、派手な金髪に染めるなどのヴィジュアル系、俗に言うバンギャスタイルをしている人は 「寂しがり屋」が多いと言われています。 自分の体に装飾品をつけるのは無意識、潜在意識に、 周囲の異性から注目されたいという欲求が秘められている。 手抜きの身なりをしてる女性より、 流行を追いかけたオシャレをしてメイクもカバンもばっちり決め込んでるギャルや綺麗系のお姉さんの方が、 美しい外見とは裏腹に内心は孤独感を感じているものなのでしょう。 最近話題の量産型女子大生なんかはまさにこの典型なのではないでしょうか。

・質問が多い

女性にとっての友好関係の証明、いわゆる特別扱いとはクエスションを投げかけることにある。 女性の8割はお喋り好きで、コミュニケーションこそが人生最大の楽しみだと感じている。 ストレスを解消する手段といえは、甘いスイーツを食べるか女子会を開催し 友達と他愛無い話をすることです。 女性にとって質問することは男性と会話を継続させたいという意思表示であり、 会話という快感を共有したい脈ありサインです。

これは特に飲み会の場だと露骨になります。 お酒の力も借りてハイテンションになり ターゲットとなる異性に対して「趣味は?最近読んだ本は?好きなテレビ番組は?休みの日は何してるの?彼氏いるの?」 など興味津々に話しかけて絡んでくる。 しかし、そもそも女性とあまり交流がない場合はこれがわからないので却下されそうですね。 サークルや会社の歓迎会、新年会、など気になっている人と交流する機会があるときにはこのことを意識してみましょう。 逆に言えば聞き上手の男性は女性にとって歓迎される嬉しい性格だということです。

・イベントや社会人サークルなどに参加する

女性は出会いを求めると人の多い場所に外出したがる性質があるそうです。恐らく男も同じでしょう。 特に夕方から夜にかけて繁華街や買い物、本屋などにブラブラ一人歩きしてる女性は彼氏募集中の可能性大です。 ナンパの成功率が高いのもこの時間帯です。 エステやジムで自分磨きをする。趣味のクラブや料理教室などに通う、ライブ会場に行くなど。 女性は彼氏がいると週末や暇なときは常に彼氏と遊びたがります。 それをせずにどこかに出かけることを優先するのは大抵は独身でフリーです。 人が集まりそうな催しやお祭りにはノリで赴いてみれば、運命の出会いに恵まれるかもしれません。

・ネット、SNSでの活動範囲を広げる

男女共に性欲はあります。特に結婚したい、子供を残したいと言う本能では男性よりも圧倒的に女性の方が優位です。 でも、女から誘ったりデートに誘うのは恥ずかしいしプライドが許さない。 そんな時はインターネットで自分をアピールするようになります。 よくある現象として、 非リア喪女がニコ生を始めてチヤホヤされだし、彼氏を作って引退という一連の流れ、 頻繁にあります。 ネットでは出会い厨という言葉が流行っていますが、実は女性の中にも出会い厨は大勢いるのです。 しかし、間違えて変な男を選んでしまうと危険が及ぶので男性よりも慎重に恋人候補をチェックします。 ニコニコ動画、twitter、facebook、mixi、ハンゲーム、など時間に余裕があれば 人気サイトを覗いてみましょう。

・キョロキョロする

彼氏が欲しい時は道を歩きながら視界を広げてイケメンがいないか探しているらしい。 顔を上げてニコニコ笑顔を振りまいている女性は、心に余裕がありアプローチに対しても ふんわりした優しい対応をしてくれる。 顔を挙げていれば自然と目が合うことも増える。 アイコンタクトがあるということは、 それイコール恋のチャンスとポジティブ思考で考えても問題ないでしょう。 特定の交際相手がいる女性は新規のターゲットを探す必要がないので、 周囲の男にあまり関心を持たない。 挙動不審気味の女の子は特定の彼氏がいないからこそ、 誰かいい男がいないか見渡して吟味いるかもしれません。

・異性との距離感の取り方が下手

彼氏いない歴=年齢のような女性、または短期間ですぐに別れてしまうタイプの人は 距離感の取り方が下手でギクシャクする傾向があります。 不自然に丁寧過ぎる敬語で話してきたり、 メールがやたら長文でマシンガントーク気味だったりします。 悪いことではありませんが独特で個性的、変わっていると言われる人です。 このような女性は恋愛経験が不足してるので急な告白に弱く、大体は強気に押せばうまくいきます。




彼氏募集中の女の子は本音では「メールアドレスを聞かれたらすぐ教えちゃう」という人が案外多いものです。 世の中にストリートナンパという声掛けが無くならないのは、 それで引っかかる女性が常に一定数存在するからです。 引っかかるというと言い方は悪いですが、 出会いがなく彼女を作りたい、結婚相手を見つけたいと純粋に声をかけている男性もいるのも事実。 男が勇気を振り絞って一歩踏み出せば、受け入れてくれる優しさを持つ女性はいます。 その時の相手が精神的、現状受け入れ態勢が出来ているかどうかを観察し 、女性心理を読み取れば成功確率がグンとアップすることでしょう。



このページに関連する記事

スポンサードリンク

よく読まれているページ

最近更新した記事

サイト内検索

カスタム検索

おすすめの婚活情報

話題のサイトリンク



Copyright(C)2017 恋愛tanu.com Co.,Ltd. AllRights Reserved.